イベント

2017年1月21日 (土)

国家行事とピンズ

先ほどまでテレビでアメリカの新大統領就任式を見ていました。

トランプ新大統領の演説は今までの主張を額装したような感じでしたね…

特に目新しくはありませんでしたが、1つの歴史の区切りだとは思います。

ニュース速報では米国のTPP離脱、NAFTAも交渉次第では離脱を伝えています。

TPPやNAFTAというのは加盟国同士の自由経済・自由貿易を目的としています。

仕組みとしては各国の利益の最大公約数作りを目的としていると言えます。

自国に不利な点、相手国の有利な点ばかりに囚われいては始まりません。

もちろん自国の利益を第一に考えるのが国家、政権だというのはそうでしょう。

しかし人間が一人で生きていけないのと同じに、一国では生きていけません。

トランプ大統領には是非ともその点をよく理解頂きたいものです。

さて、当ブログに似つかわしくない真面目なことを書いてしまいましたね。

ブログでは政治などの問題に立ち入らないことをモットーにしているのですが…

いやいや、ピンズといえどそういったことと無関係というわけではありません。

むしろ政治の世界ではピンズというものが多用されています。

観光推進、官庁主導の様々な運動、そして国家的行事などにおいてです。

G7 2016 ISE-SHIMA SUMMIT 倉敷教育大臣会合
Pins_2016_summit_kurashiki_educatio皆様のご記憶にも新しいかと思いますが、2016年の第42会先進国首脳会議(伊勢志摩サミット)は三重県志摩市で開催されました。いつからかは詳しく知りませんが、近年サミットでは会合エンブレムが定められ、各国の首脳や関係者は期間中そのエンブレムのピンズを着用しています。本日紹介のピンズは本会議に先駆けて各国の教育大臣の会合を倉敷で行った際に関係者が着用していたものです。

サミットは先進国の首脳が集まるので国を挙げてのイベントと言えます。

また、開催地もこれを機に知名度を上げるチャンスと宣伝攻勢をかけます。

特に関係者ピンは入手難易度も高く、イベントピンとしてはかなり魅力があります。

今後もゆるキャラからサミットまで手広くご紹介出来ればと思います。
(サミットにもキャラクターができる日が来るかもしれませんね(笑))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月17日 (火)

ピンズ覚え

昨年末からかなり忙しくてピンズの整理もなかなか出来ないでいました。

やっと先週あたりから時間が出来てピンズの整理に取り掛かりました。

まずはピントレやネットで手に入れたピンズの仕分けにとりかかりました。

ざっとですが500ピンほどありまして、これを仕分けるだけで結構な手間です。

まぁ苦にはならないのですが、その過程で結構思い知らされることもあります。

愛・地球博 東急観光
Pins_expo_2005_tokyu_touristこれは2005年の愛・地球博で東急観光が製作したピンズです。前回の東京ピントレでの入手ピンです。こちらの分野は主に名古屋方面の方が主流ですが、私も興味のあるものは絞って集めています。特に愛・地球博の「旅行会社」のピンズは集めていまして、これで4社目のピンズとなりました。今まで持っていたものは近畿日本ツーリスト、名鉄観光、Nツアーの3社でした。

実は今まで愛知万博の日本旅行も持っていると勘違いしておりました。

ここ数年、以前までまで自信のあったピンズ覚えが悪くなっているような気が…

今や2~3万種を数え、全てを記憶できないのは仕方なしと思わないでもありません。

コレクター仲間の皆さんもスマホに画像を記録させたり工夫されていますね。

今さら詳細なリスト化は無理でも色々と工夫しないといけないな、と痛感しました。

ところで愛知万博の日本旅行、または他の旅行会社のピンズのお持ちの方、、、

良い機会なので、それらのピンズはMy Wanted Pins ですので宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

第29回東京ピントレーディング報告

昨日開催の東京ピントレにご参加の皆様有難うございました。

今回も50ピンを超えるピン果があり、特に内容が濃かったトレード会でした。

何より人気が過熱していて入手困難のくまモンピンを多く手に入れられました。

大分県共同募金会 だいふくん×くまモン、Japan Shopping Festival in KYUSHU くまモ×Hello Kitty、2015年熊本城マラソン、日本ソムリエ協会(紫葡萄ver.)、平成28年熊本地震応援プロジェクト、くまもとの大豆、第12回ほとめきファンタジー、熊本IBD、白タキシード、第58回全日本病院学会in熊本
Pins_28th_tokyo_pin_trading_kumamonざっと今回手に入れられたくまモンピンを並べてみました。ざっと並べてみましたが、かなりの内容だと思います。今回は遠路熊本からこられた方もご来場されていて、この中の2つほどを交換して頂きました。

その他、オリンピックなど他ジャンルでも非常に良いピンズを手に入れられました。

また、初めて参加いただいた方ともピンズ談義、交換が出来て嬉しかったです。

私もお話していてピンズを集め始めた頃のことを思い出しました。

だれでも最初は初心者です。色々な方々からお節介なくらいに教えて頂けます(笑)。

ネットだけでは決して知ることの出来ないピンズや裏話がそこにはあります。

まだピンズをほとんどお持ちでないという方々もドンドンお越し頂きたいですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年11月27日 (日)

ピンズの掘り下げ

ピンズの入手過程というのはピンズによりまちまちです。

事前に情報を入手して現地に行ってというのはコレクターならではです。

街でたまたまというのもありますが、それはかなりのラッキーケースでしょう。

どちらにしても自分の足で手に入れたピンズには特別な思い入れがあります。

ただ、自分の足だけでというのはかなり数量的にも限定されてしまいます。

今はこれだけのネット社会ですから未知のピンズに毎日出くわします。

今日までどれくらいの種類のピンズが作られてきたのでしょうね、、、

東京スポーツ祭2013 ゆりーと × ハローキティ
Pins_68th_national_athletic_meet_he昨日こんなピンズを見つけました。ハローキティは誰もが知るキャラクターであることは言うまでもありません。右のキャラクターはピンコレクター、特にオリンピック関係をやっている方ならご存知でしょう。そう、スポーツ祭東京2013(第68回国民体育大会)のマスコットキャラクター「ゆりーと」です。

私は実際に味の素スタジアムに国体を見に行ってピンズも現地で手に入れました。

ゆりーとは2020年の東京五輪招致ピンでも活躍したキャラクターですからね。

しかし、ゆりーとがキティとコラボしていたとは聞いたことがありませんでした。

ゆりーとは国体後は東京都のスポーツ推進大使に就任して現在も活動中です。

このピンズがいつ作成されたのか、、、国体時かその後か調べてみました。

Yurito_and_hello_kitty_collaboratio調べてみると、「スポーツ祭東京2013を盛上げるため、サンリオピューロランドがある多摩市としてサンリオの顔であり多摩センターの親善大使でもあるキティに多摩市での国体PRに協力を仰ぎ、ゆりーとと共に多摩市での国体PRを行った」とのことでした。多摩市限定…都民といっても私は多摩市には数度しか行ったことがありません。ネットでの調査結果からして、スポーツ祭東京のコラボ時に作成されたのでしょう。

イベントから数年経ってこのピンズに出会えて手に入れられて良かったです。

この様に過去のピンズを掘り下げて調べるのもコレクションの妙味でしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月27日 (水)

ピンズをさがせ!

ピンコレクターの皆様方は日頃、ピンズを見つけるのに苦労されていると思います。

それでもインターネットの普及でオークションや検索で数多く見つけられます。

但し、リアルタイムにピンズの販売、配布状況を把握するのはかなり困難です。

折角検索で見つけても既に配布、販売終了…ということが非常に多いのです。

インターネットは非常に広範囲の情報を収集できるというのが強みです。

裏を返すとタイムリーな情報を抽出するというのはかなり難しい作業です。

ピンズの情報をリアルタイムで見つけて入手できるというのは運も必要ですね。

Jonathan's ウォーリーたちよ、集まれ!
Pins_jonathan_wheres_wallyファミリーレストランチェーンのジョナサンでは6月30日~8月21日まで「ジョナサン×ウォーリーをさがせ!Happyスマイルキャンペーン」を展開中で、「ウォーリーをさがせ!」との様々なコラボ企画を行っています。これは7/19に川崎チネチッタ通り店でウォーリーのコスプレで来店した客に先着で配布されたピンズです。

当日のみで配布は終了し、以降は手に入らないという探し甲斐のあるピンズです。

このピンズの情報を探す方がウォーリーを探すより難しいのでは…(笑)

私自身ジョナサンはファミレスの中では最も利用してきたお店だけに嬉しいです。

こういったピンズを探して手に入れて…そしてまた次のピンズを探すのです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月19日 (火)

ピンズの入手方法

ピンズの入手方法というのは本当に多岐に渡ります。

買ったり、寄付したり、イベントに参加したり、おまけで手に入れたり…

しかしその多くがピンコレクター以外の方の手に渡っているのです。

一度人手に渡るとそのほとんどが「タンスピン」となり表に出てきません。

まさに「MOTTAINAI」ですが、先日この様なピンズの入手に成功しました。

JR新宿駅開業130周年記念
Pins_jr_shinjyuku_station_130th1885年に山手線が開業してから新宿駅の歴史が始まりました。2015年は開業から130年に当たり、関連イベントが開催されていました。5/21~6/21までウォークラリーも開催されていましたがその景品がこのピンズです。しかしこの時期は仕事が超絶忙しく、なかなかピンズに手が回りませんでした。

その間隙を突いたような(笑)このピンズを逃してしまっていたのでした。

つい先日ですが急にこのピンズが気になりネットを徘徊することしばし…

ある方のブログでこのピンズを手に入れたけど「…いらない」という一節を発見!

コメントでもこれを欲しいという方はおらず、ダメ元でコメントを入れると…

気持ち良くお譲り頂けることになりました 0(^O^)0 本当に感謝感激です。

価値観の違いも痛感しましたが、だからこそ手に入れられたピンズだと思います。

今までピンコレクターさんのHPやブログ経由でのピントレは多数ありました。

しかしこういったピンズに普段無縁の方からの入手は初めての経験でした。

これからもピン文化を広めるべく様々なピンズを入手しご紹介したいです。

ですから、ご不要のピンズをお持ちの方は是非ブログで表明を…ヾ(⌒―⌒)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月18日 (月)

今さらのピンズ

過去を振り返ると実に多くのピンズが作られてきました。

調べれば日々新しいピンズに必ず出会うことができます。

ピンコレクターを公言する私ですらその全体像は把握できません。

新しいピンズも魅力的ですが、入手するピンズの多くは過去形なのです。

Nagoya 400th OPENING CEREMONY
Pins_nagoya_400th_opninning_ceremon2010年の名古屋開府400年事業の一環として事業のキャラクターが18歳未満の市内在住・在学の方から公募されました。そして殿様キャラの「はち丸(400年の旅人)」、カメキャラの「だなも(やっとカメ)」、城キャラの「エリザベス(なごやジョウ)」、星キャラの「かなえっち(ねがいボシ)」の4作品が選ばれました。

記念事業終了をもって「はち丸」は名古屋市のマスコットキャラクターに就任しました。

「はち丸」は市のマスコットキャラクターだけにピンズでも多方面で活躍中です。

しかし、他の3名さん「はち丸」と比べてしまうと少し影が薄いですね…

それだけに一堂に会しているピンズということで思わず手が伸びてしまいました。

2010年ですからもう5年以上も前で、今さらと思う方もいるかもしれません。

しかし私も2002年の日韓W杯のピンズで今でも複数追いかけています。

長野でも1998年冬季五輪のピンズを追いかけている方も多いでしょう。

そう、ピンズに「今さら」はない、、、と断言しておきましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 2日 (水)

大事とピンズ

昨日決定していた東京五輪のエンブレムはかなりの騒動となっています。

何しろ前代未聞の取り下げ、使用中止というのですからこれは大事です。

雲行きが怪しいなと思っていましたが、まさか本当に使用中止になるとは…

既にポスター、スポンサー広告など金銭的にも影響が出ているようですね。

ピンズも間違いなくある程度製作されていたのではと推察しますが、、、

デザインというのは似たものを探していると枚挙の暇がないと思います。

しかし「別件」で完全流用のものが発覚するなど悪化の一途でした。

次の選考は慎重に慎重を重ねて、ということを期待するしかないようです。

五輪はエンブレムもそうですが、デザイン絡みで大きな決め事あります。

それが「マスコット」。オリンピック・パラリンピック各々に定められます。

マスコットは大会の雰囲気やお土産など経済面でも大きな役割を果たします。

これがまたパクリとか不出来とかでイチャモンが付けられたらたまりません。

マスコット決定は大会の1年前位ですからまだ先の話ではあります。

もうこうなったら問題のないこのキャラでいくとかはどうでしょうか。

東日本大震災復興支援 スポーツ祭東京2013 ゆりーと 世田谷区実行委員会
Pins_yurito_setagaya第68回国民体育大会・第13回全国障害者スポーツ大会のマスコットキャラクターとして登場した「ゆりーと」都の鳥ゆりかもめをモチーフとしたなかなか秀逸なキャラです。大会後も多数の都民からの要望で「スポーツ推進大使」を務めています。

デザイン、存在意義(スポーツ推進大使)、人気、選考コスト、、、

どれをとっても抜群のキャラであり、今回の様な諸問題は出ないはずです。

今大会の招致ピンにも登場していますし、安定性は横綱級ですよね。

エンブレム再公募も異例なら既存キャラクターもアリではないでしょうか。

大会終了後も使用できるのか、とかの問題はありますがそれはそれとして…

オリンピックはそれだけ全世界の注目事ということで、しっかり頼みますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月10日 (火)

ピンズの周知

ピンズの情報というものをタイムリーにとらえるというのは本当に難しいものです。

販売にしろ配布や何かの特典にしろ膨大なピンズが日々人の手に渡っています。

しかし、事前に調べられるのはそれらのうちのほんの僅かなのが事実です。

知ることが出来ても住まいから非常に遠いときなども歯がゆいものです。

逆にコレクションの難しさは手に入れたときの醍醐味となるとも言えます。

相矛盾する気持ちはありますが、ピンズの認知度アップはまず情報からでしょうね。

伊豆急行 河津桜まつり「パーク&トレインきっぷ」
Pins_izukyu_kawazu_zakura東急グループの鉄道会社である伊豆急行。毎年2月から3月初めまで河津桜まつりが河津駅周辺で行われ、それに合わせて伊豆急では河津桜まつり「パーク&トレインきっぷ」を発売しています。車の便が良い伊豆高原駅前で駐車して伊豆急で河津駅へ向かって、桜まつりを楽しんだ後はまた伊豆急で伊豆高原駅へ戻るという駐車と往復切符のセットのプランです。

なるほど、渋滞も駐車場を探す心配もなく桜を楽しむには良い企画ですね。

そしてその切符のおまけとしてこんな素敵なピンズまでもらえたのです。

しかし、伊豆急のHPを見てもピンズのことには全く触れられていません。

伊豆急に電話しても対応された職員さんはピンズのことは全く知らない様子…

お持ちだった方に聞くと確かに先日伊豆高原駅でもらいました、とのお返事。

それならばと伊豆高原駅へ電話すると当駅案内所限定で先着500名限りとのこと。

購入者へのささやかなおまけという位置付けでしょうが勿体ないなぁ、と。

こういった素晴らしい企画ですから広く世間に周知して頂きたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 1日 (日)

地方博のピンズ

世の中には膨大なピンズがあり、そのジャンルも多種多様です。

代表的なのはやはりオリンピックでしょう。世界的なピンブームの火付け役です。

私がピンズを始めたきっかけは2002年のFIFAワールドカップでした。

企業の宣伝や徽章、ディズニーやキティに代表されるキャラクター、、、

本当に多くのピンズがありますが、博覧会のピンズというジャンルがあります。

2005年に開催された愛・地球博では私の予想を上回るピンブームが起きました。

多くのコレクターさんが誕生し、ピントレの礎もこの方によって築かれました。

あれから10年…今も多くのコレクターさんが活動されているのは嬉しい限りです。

博覧会というと博覧会国際事務局認定の国際博覧会(万博)がその代表格です。

2005年日本国際博覧会(愛・地球博)は国際博覧会の登録博(国際特別博)です。

その他にも地域振興を主目的としたいわゆる地方博が多く開催されています。

近年の有名どころでは2004年の浜名湖花博、2009年の開国博Y150などですね。

特に横浜の開国博ではマスコットである「たねまる」のピンズが数多く出ました。

Y150は諸問題により最終的に約28億円の赤字で裁判沙汰にまでなりました…

YOKOHAMA EXOTIC SHOWCASE '89
Pins_yokohama_exotic_showcase_89横浜博覧会(略称 YES'89)はY150に先駆けること20年、横浜市制100周年と横浜開港130年を記念して開催された都市博覧会です。バブル景気に支えられ当時起こった地方博ブームの代表格とされています。このピンズの中で微笑むのはYES'89のマスコット「ブルアちゃん」。デザインはあの手塚治虫先生です。

しかし、バルブ崩壊と共にその地方博ブームも終焉を迎えました。

1996年に計画されていた世界都市博覧会の中止は当時大きな話題になりましたね。

成功あれば失敗もあり。税金を投入しての失敗は笑いごとでは済みませんが、、、

ピンズとそれは別、博覧会の思い出の一品としてみんな大事にしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)