お酒

2017年1月23日 (月)

ピンズに酔う

ピンズを集めて15年目となります。あっと言う間でしたが色々ありました。

集めた数も感覚ですが2万を超えて続伸中といったところです。

先日書きましたが10月から去年末まで非常に忙しい日々を過ごしました。

先週一気に未整理のピンズを収納していったのですが一仕事でしたね…

収納は未整理分だけではなく、過去のピンズも自然と目にします。

すると「やっぱりこれは良いピンズだな~」などと改めて感心したり…

いつの間にか過去に集めた数々のお気に入りのピンズに酔っている自分がいます。

これだからコレクターの整理というのは、捗らないのだな~と実感しました。

ニッカウヰスキー 竹鶴ピュアモルト
Pins_nikka_taketsuru_pure_malt_wh_2NHKのマッサンのモデルとなったニッカウヰスキーの創業者 竹鶴政孝と妻のリタ。「マッサン」とはリサが竹鶴をそう呼んでいたそうですね。後に竹鶴は「日本のウイスキーの父」と言われるようになりました。

その創業者の名を冠したブランド最高峰のピュアモルトウイスキーが「竹鶴」です。

テレビドラマのお陰でニッカブランドは高まりましたがその実力も本物です。

丁度2年頃前、竹鶴の期間限定のイベントが日本橋三越で開催されていました。

三越一階のかなり広いスペースを使って、竹鶴にまつわる展示がされていました。

そこの「竹鶴MUSEUM BAR」で飲んだ竹鶴ピュアモルト25年は壮絶に旨かった!

フルボトルでも販売されていましたが確か5万円以上なので手が出ませんでした。

その他、原酒が試験管に入ったテイスティングセットも頂き大満足でした。

こちらのピンズもピュアでかつ風格のある竹鶴をよく体現していますね。

飲んでも飲まれるなとよく言いますよね。酔い過ぎは他人に迷惑かけますが…

お酒はほどほどに出来そうですが…良いピンズはとことんまでやっちゃいますね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

第29回東京ピントレーディング報告

昨日開催の東京ピントレにご参加の皆様有難うございました。

今回も50ピンを超えるピン果があり、特に内容が濃かったトレード会でした。

何より人気が過熱していて入手困難のくまモンピンを多く手に入れられました。

大分県共同募金会 だいふくん×くまモン、Japan Shopping Festival in KYUSHU くまモ×Hello Kitty、2015年熊本城マラソン、日本ソムリエ協会(紫葡萄ver.)、平成28年熊本地震応援プロジェクト、くまもとの大豆、第12回ほとめきファンタジー、熊本IBD、白タキシード、第58回全日本病院学会in熊本
Pins_28th_tokyo_pin_trading_kumamonざっと今回手に入れられたくまモンピンを並べてみました。ざっと並べてみましたが、かなりの内容だと思います。今回は遠路熊本からこられた方もご来場されていて、この中の2つほどを交換して頂きました。

その他、オリンピックなど他ジャンルでも非常に良いピンズを手に入れられました。

また、初めて参加いただいた方ともピンズ談義、交換が出来て嬉しかったです。

私もお話していてピンズを集め始めた頃のことを思い出しました。

だれでも最初は初心者です。色々な方々からお節介なくらいに教えて頂けます(笑)。

ネットだけでは決して知ることの出来ないピンズや裏話がそこにはあります。

まだピンズをほとんどお持ちでないという方々もドンドンお越し頂きたいですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年10月10日 (金)

冠スポンサーのピンズ

本日キリンチャレンジカップのジャマイカ戦が行われましたね。

日本代表の得点は相手のオウンゴールの1点どまりでしたが完封勝利となりました。

ただ、香川選手が試合後チームを離脱するというアクシデントもありましたね、、、

ともかくアギーレ新体制での初勝利ということで、今後の飛躍に期待しましょう。

KIRIN LOVES SOCCER
Pins_kirin_loves_soccer_2010キリンは1980年からキリワールドサッカー(現キリンカップサッカー)の大会冠スポンサーとして日本のサッカー発展に協賛してきました。1998年には麒麟麦酒、キリンビバレッジが日本代表チームのオフィシャルスポンサーとなりました。

以降はキリンカップとは別に国際親善試合シリーズの冠スポンサーにもなりました。

そのシリーズがキリンチャレンジカップということです。

このピンズはキリンが2010年に配布したものだと記憶しています。

左のキャラクターはキリンの環境活動のマスコット「エコロジー」です。

ビールの泡をイメージしたキャラクターで日本代表のユニフォームを着ていますね!

やはり冠スポンサーのピンズは一番に押さえておきたいものです。

今後も毎年素晴らしい試合とピンズを作って頂けることを願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月20日 (土)

スコッチ・ウイスキーのピンズ

スコットランドの独立の是非を問う住民投票は否決で幕を下ろしました。

しかし投票率は90%に迫り、そのうち4割強が賛成票とは重い結果です。

今後の英国政府の対応は大変でしょうが、イギリスの地図は現状維持です。

ところで、今回のことで日本でも「スコットランド」にスポットライトが当たりました。

日本人のどれだけがイギリスの歴史の中でのスコットランドについて知っているか…

私も世界史の中で学んだ僅かな知識だけで、行ったことすらありません。

日本人の私とってスコットランドで想起されるものは非常に限られたものになります。

中村俊輔選手が所属したセルティックFC、ゴルフ発祥の地セント・アンドリュース。

都市でいうとエジンバラ、グラスゴーといったところはかろうじて知っています。

そういったものの中で、まず最初に思い浮かぶのが「スコッチ・ウイスキー」です。

皆さんもご存知の通り、スコットランド原産のウイスキーです。

スモーキーフレーバーが特徴で、世界で最も有名なウイスキーでしょう。

スコッチウイスキーは厳しい法律により規定されていて、品質が守られています。

私は学生時代に古谷三敏著の「BARレモン・ハート」という漫画と出会いました。

いわゆる「お酒のウンチク」本であり、少しだけ大人の世界を垣間見れました。

もちろん作中でもウイスキー、特にスコッチウイスキーは数多く登場しました。

この本で仕入れたお酒の知識は今でも役立っています。学校の勉強より、、、

まず、ウィスキーにはシングルモルトとブレンデッドに大別されるということ。

あの頃に日本で飲まれていたスコッチはほぼブレンデッドだったと思います。

シングルモルトは1つの蒸留所で作られたモルトウイスキーを瓶詰めしたもの。

ブレンデッドは複数の蒸留所のモルトウイスキーを混合して瓶詰めしたもの。

ですからブレンデッドはオーケストラ、シングルモルトはソロに例えられます。

作中を通じてシングルモルトは通な酒、というイメージがインプットされました。

それでは、スコッチ・ウイスキーの代表的な銘柄をピンズと共にご紹介します。

GLENMORANGIE "SINGLE HIGHLAND MALT SCOTCH WHISKY"
Pins_glenmorangie_single_malt_whiskグレンモーレンジはスコットランドで最もメジャーなシングルモルトウイスキーです。その風味は香りのデパートとも評されてます。レモンハートでも出てきました。製造している蒸留所はブレンド用には一滴も供給しないことでも有名です。

Chivas Regal 12 years "BLENDED SCOTCH WHISKY (Box & Bottle)"
Pins_chivas_regal_blended_scotch_whシーバス・リーガルはスコッチ・ウイスキーで最も有名なブレンデッドウイスキーの1つです。その味わいはスコッチ・ウイスキーのプリンスとも称されます。(シーバス社の最上級プレミアム銘柄がロイヤルサルートです。)

シーバス12年のピンズは箱かボトル、どちらを出そうかと悩みました、、、

ですが両方ともピンズとして甲乙つけ難く、2つともご紹介させて頂きました。

では今日は寝酒にスコッチのシングルモルト、マッカランでも頂くとしましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)

日本酒のピンズ

ピンズは西洋が発祥ですから、和的なものというとピンとこないかもしれません。

しかし、日本においても徽章文化は古く、今でもピンズは各方面で活用されています。

そうそう、最近立て続けに日本酒のピンズを手に入れたのでご紹介します。

ふなぐち菊水一番しぼり 発売40周年記念
Pins_kikusuisake_40th菊水酒造の「ふなぐち 菊水 一番しぼり」は1972年に発売されました。生原酒のフレッシュさを生かそうと缶入りで発売されましたが、当時は缶入り日本酒というスタイルが珍しかったみたいですね。先日メルマガ購読者で希望者に40周年記念缶+ピンズがプレゼントされました。今もHPで復刻缶プレゼント企画をやっていますね!(ピンズが付いているかどうかは不明…)

Pins_sake_hakushikaそしてこれも日本酒、白鹿のピンズです。「白鹿すずろ」とゆう、季節限定冷酒のボトルに付いていました。実は私が物心ついてから最初に口にした日本酒は白鹿。子供だったので「まずっ!」と思ったのを覚えています。もちろん今ではちゃんと飲めますが、そんな思い出があるお酒です。このピンズは服飾品としても使える素晴らしいディテール…

シャンパン、ウィスキー、ブランデー、ビールと洋酒のピンズはそこそこ持っています。

そして今、私のコレクションに「日本酒」のジャンルが増えたことを喜ばしく思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

芸術家とピンズ

ピンズというのは本当に色々な楽しみ方ができるアイテムだと思います。

身近なキャラクターやスポーツに関わるピンズ。企業や行政のピンズ。

中には芸術的なピンズも多くあります。フレンチピンなんかでは多いですね。

最近では高名なデザイナーさんでも積極的にピンズを用いる方も結構います。

どの様なピンズにしてもそれらから何かを感じるから手に入れるのでしょうね。

Perrier-Jouët Belle Epoque
Pins_perrier_jouet_belle_epoqueぺリエ・ジュエはシャルドネを主体にした繊細さとエレガントさが際立つ高級シャンパンです。ボトルの白いアネモネの花は、芸術家エミール・ガレによるものです。このボトルは第一次世界大戦中封印されてしまいましたが1964年に再発見。この美しさに感銘を受けたセラーマスターは、シャルドネを主体としたスペシャルキュベをつくり上げました。そして、そのシャンパンにガレが生きた「ベル エポック(美しき良き時代)」と名づけました。最初はそれと知らずにこのピンズの美しさに魅かれて手に入れました。もちろんピンズという小さいサイズの中では表現に限界があります。

それでもガレという類希なる芸術家の持つパワーの幾分かは伝わってきます。

これからも自分の感性に正直にピンズと向き合っていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

ピンズでストレス発散!

先週の土曜日に行われました第19回東京ピントレーディングも無事終了致しました。

今回も皆様、(長野、愛知、静岡と遠方からもご参加)に厚く御礼申し上げます。

東日本大震災もあって約1年ぶりと、今年初開催のピントレでした。

何人かの方からは余りに長い空白だったのでストレスがたまったという声も。

定期開催が当然の会になれたということかな。ストレスは発散できましたか!?

さて、早速ですが今回手に入れたピンズの中から幾つかご紹介申し上げます。

Drug てらしま Hello Kitty
Pins_drug_terashima_hello_kitty寺島薬局が展開する"Drug てらしま"は茨城を本拠とするドラッグストアチェーンです(調剤・介護部門もあるそうです)。しかしキティは日本経済全体に深~く入り込んでいますね。まさにキャラ界の女帝。そのキティの企業ピンということもありますが、見た瞬間何が何でも手に入れなければ!と思いました。理由は…私のことを知っていらっしゃる方は御存知でしょうね~

Disneyland Monorail
Pins_disneyland_monorailカリフォルニアのディズニーリゾートをぐるりと1周取り囲むように走っているモノレール。TDRでもディズニーリゾートラインがモノレールを導入して運行しています。ディズニーピンはキリがないので、ジャンルを絞っています。モノレールとクルーズラインという乗り物シリーズはそれにピッタリ符号するんで積極収集中です。

Hotel Buena Vista 20th Anniversary
Pins_hotel_buena_vista_20th_anniver1991年に松本で開業のホテルブエナビスタ。2011年は開業20周年にあたります。これはその開業20周年を記念して製作されたピンズです。「ブエナビスタ」とは、スペイン語で「素晴らしい景色、絶景」を意味します。その名の通り、東に美ヶ原高原、西に雄大な北アルプス連峰を望む松本市のランドマーク的存在と聞きました。深い青が基調の格調高いピンズに仕上がっています。素晴らしい!

Sapporo Breweries "Super Star"
Pins_sapporo_breweries_super_starサッポロビールが1997年から2年ほど販売していたスーパースター。江角マキコさんを起用したワイルドなCMを展開していましたね。CMは覚えているので懐かしいな~と思いつつ手に入れましたが、これ飲んだことあったっけ!? アルコール7%で高目となるとスーパードライを意識したのかな?ビールで定番になる確率って凄く低いですよね。もう再販されることもないでしょうし、ピンズも超レア懐かしのグッズ…かな!?。

United Nations : Translating War into Peace
Pins_united_nations_translating_war東京のピンコレクターAkkyさんからブログのネタにと推奨された国連のピンズです。WAR(戦争)の中からAを鳩が持っていって、PEACE(平和)の文字を完成させる…何とピースフルかつウィットに富んだデザインなんでしょう! デザインだけでも素晴らしいけれど、ポスターではなく小さいピンズになっているのも感激です。こういったデザインを見るにつけピンズの限りない可能性を感じざるを得ません。

1998 FIFA WORLD CUP どらえもん
Pins_1998_fifa_world_cup_doraemonこれも本当に嬉しかったです。1998年の日本が初出場したFIFAワールドカップフランス大会。その時にリリースされたピンズで、滅多にお目にかかることができません。世界的にはポケモンと言いますが、やはりドラえもんは日本においては最強のキャラだと信じます。テレ朝全英全米ゴルフのドラえもんピンの復活も切に希望します…

自由民主党 絆 がんばろう日本!
Pins3・11の東日本大震災の復興支援を目的としたピンズや缶バッジ他、多くのグッズがリリースされています。これは自民党が販売したチャリティーピンですね。復興関係ピンはどこまで手をつけていいか考えあぐねているうちに販売終了してしまいました。このピンズはピントレの抽選景品で、複数希望者のジャンケンで勝利して入手。

幹事だからといって容赦しないのは…ピンコレクターらしいじゃ~ないですか。

1996 Atlanta Olympic "NIKKAN SPORTS"
Pins_1996_atlanta_olympic_nikkan_sp近代オリンピック100周年の記念大会であるアトランタ五輪。そこで日刊スポーツがリリースしたピンズです。日刊スポーツの創刊は1946年とのことで、裏には創刊50周年の刻印もあります。

貴重な日本メディアピンを手に入れられた本当に良かったです。

2002 FIFA WORLD CUP "NIKKAN SPORTS"
Pins_2002_fifa_world_cup_nikkan_spoそして私のメインジャンルである2002FIFAワールドカップのピンズ。これも日刊スポーツのピンズです。セットでプレゼントされていたことは知っていましたが実物を見たのは初めてかも…

東京ピントレだからこそ手に入ったピンズ、、、と言えるでしょう。

TAXMAN'S MUSEUM " Cloisonne Ware Black × Silver plating "
Taxmans_museum_19th_tokyo_pin_tradi嬉しいことに東京ピントレ19回記念と銘打って頂いているこのピンズ。こういった台紙と一緒に頂くと本当に良い記念になります。幹事より気を使って頂き、本当に有難うございました。(幹事の力ではなく、皆さんの個性の集合体が東京ピントレなんです!)  それにしても本七宝の黒は色といい質感といい、独特の雰囲気を持っています。これからも素晴らしいピンズをお願いします。待ってますからね!、たっくすまんさん!!

今回は数が少なかったかな…と思いきや50個近く手に入れてました。

まぁ、手に入れたピンズの質の高さは今までのベストリザルトかもしれません。

少なくとも私にとっては、日頃のストレスを発散させることができました。

そして次は記念すべき20回大会。とんでもサプライズがある、、、かもしれない。

では皆様その時までご壮健なれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)

ピンズは前向きに

大変な2011年という年も半ばを過ぎ、もう秋の気配すら漂ってきています。

今年はお約束のピンズが出なかったりしているので、テンションも下がり気味です。

例えば、テレビ朝日の全英、全米オープンゴルフのドラえもんピンが出ず、、、

そしてNBCスポーツのウィンブルドン、全仏オープンテニスピンも出ず、、、

集めていたピンズが途切れてしまうことは本当に寂しいものです。

しかし、それでめげていたのではピンコレクターは務まりません。

次の新たなピンズへ前向きに動き出さなくてはいけませんね。

RUGBY WORLD CUP 2003 Heineken / PEUGEOT / VISA
Pins_rugby_world_cup_2003_heineken_スポーツイベントの大会規模としてはFIFAワールドカップ、夏季オリンピックに次ぐ規模を誇るのが国際ラグビー評議会(IRB)主催のラグビーのワールドカップです。1987年から4年に1度の開催で、今現在ニュージランド大会が開催中です。

そして、その2大会後の2019年には日本での初開催が決定しています。

ただ、日本は第1回から参加していますが、未だ決勝リーグ進出はありません。

ラグビーは多くの強豪国がひしめいていますが ヽ(* ̄▽)o 頑張れニッポン!

そしてこのような世界的イベントにつきものなのが、、、そう、ピンズなのです!

画像は過去に開催された大会のスポンサーピンですが、そこそこあります。

調べると結構公式ピンも出ており、一部メディアピンもありますね。

少し前から過去の大会や今夏の大会のピンズを物色しています。

そして来る2019年の大会とピンブームに向けて、、、今から動きだしますか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 2日 (月)

洗練されたピンズ

ピンズというこの小さいアイテムには実に多彩なバリエーションがあります。

シンプルなものもあれば時に面白く、恰好よく、可愛く、優美なものまで多種多様です。

驚かされる様なデザインもありますが、好みは洗練された顔を持つピンズですね。

Pins_moet_chandon世界的に有名なシャンパンメーカーであるモエ・エ・シャンドン。このピンズはボトルの肩にかかっている飾りを模していますね。金銀の2色でハイセンスにまとめられた小さなこのピンズは非常に美しいですね。お酒に詳しくなくて"Moët & Chandon"を知らない人でもひきつけられるでしょう。こんな洗練されたピンズを身に付け美味しいシャンパンを一口、、、うーん何とも優雅な時間ですね!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

ピンズと課題

ピンズコレクションにおいて課題を持って集めるということは大切だと思います。

ただ目にとまったピンズを集め続けるというのは結構大変ではないでしょうかね。

私のコレクションもブログだけで見ると、ただ集めているだけに見えるかもしれません。

しかし、実際には各分野毎に課題をもって集めているのです。(少なくともそのつもり)

具体的にはジャンルとして「こういう構成にしたい」という大枠での課題があります。

それと並行してですが、「このピンズが欲しい」という小さな課題もあります。

ただ、「このピンズが欲しい」といっても全て知っているピンズとは限りません。

中にはこのピンズがあったらいいな、という視点で探し続けているものもあります。

Chivas Brothers Ltd. "Royal Salute 21 Year Old" Green Bottle
Pins_chivas_brothers_royal_salute_2ブレンディッド・スコッチの名門、シーバス・ブラザーズ社(創業1801年:シーバス・リーガルで有名)が製造するプレミアムウイスキーがロイヤルサルートです。英国女王エリザベス2世の戴冠式を祝して発売されました。式典で鳴らされる21発の祝砲にちなんで21年以上熟成された原酒のみをブレンドした高級酒です。今までに私も数度飲んだことがありますが、文句なく旨い酒です(コニャックみたい)。社会人になって何度目かの給料日に父に贈ったこともあります。

そしてお酒関係のピンズを意識し始めてからこのピンズがないか常に探していました。

シーバス・リーガルのピンズは何種類もあり、私もいくつかは持っていました。

しかし、ロイヤルサルートピンに関しては???という手探り状態でした。

それだけにこれを発見した時、そして手に入れた時の感動は格別なものがありました。

さて、このお酒はその中身のみならず、容器も威厳のある陶製を採用しています。

その容器には赤・青・緑の三種があります。(私が父に贈ったのは青だったかな…)

ルビー、サファイア、エメラルドを表しているそうですが、このピンズは緑、、、

ということはピンズも3種類あるんでしょうかね、普通に考えると!

ということで今後の課題にロイヤルサルートの赤・青ピンも加わったのでした、、、

| | コメント (3) | トラックバック (0)