自動車

2017年4月13日 (木)

展示会のピンズ

世の中には様々な展示会があります。私も主に仕事で多く関わってきました。

東京ですと東京ビッグサイト、東京国際フォーラムなどが会場として有名です。

千葉の幕張メッセ、横浜のパシフィコ、みなとみらいホールにも行きましたね。

とにかく日本中であらゆる産業、文化に関する展示会が日々行われています。

展示会では多くの出展ブースで販促品として様々なグッズが活用さています。

ボールペンやLDEライトなど多種多様ですが、当然「ピンズ」も使用されています。

また展示会開催関係者が展示会ロゴなどをピンズにして着用する場合もあります。

しかしそういったピンズが出回るということはかなり少ないと言えます。

一般向けの展示会もありますが、多くはかなり狭い層をターゲットにしています。

また、数はそこそこあっても開催は数日という展示会の日程も一因でしょう。

それにこんなものを欲しがる人がいるのか…と無意識に思ってしまうのでしょうか。

いえいえ、ピンコレクターにとってはこんなものどころか「お宝」なのです。

2011 CEATC JAPAN & TOKYO MOTOR SHOW " TEAM TECHNOLOGY JAPAN "
Pins_2011_team_technology_japanシーテックはIT・エレクトロニクス産業関係の展示会で私も去年行ってきました。東京モーターショーは言わずと知れた日本で最も有名な展示会の1つでしょう。2011年の東日本大震災の発生を受け、同年の両展示会では復興支援で連携して「チーム・テクノロジー・ジャパン」を掲げました。

国内外の産業界や市場に対して日本のものづくりの逞しさを発信したのです。

これはそのロゴピンで2011年の両展示会の関係者が着用していたものです。

、、、ということは実はピンズを手に入れてから調べて分かったことです。

こうやって誰かが備忘録的に書かないといつの間にか完全に忘れ去られます。

皆さんもこれからは展示会に行ったらピンズの有無をよ~く確認してみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月21日 (火)

タクシーのピンズ

世の中の交通機関に関するピンズは沢山あります。ブログでもご紹介してきました。

コレクションの中でも圧倒的に多いのが電車に関するピンズですね。

JRに私鉄、ケーブルカー、、、鉄道博物館なども含めるとかなりの数です。

次に多いのが飛行機、バス、少数ですがフェリーのピンズもあります。

そしてあるようでかなり珍しいのが、、、タクシーのピンズなんです。

私も今まで結構お世話になってきましたが、最近こちらを手に入れました。

東京都個人タクシー協同組合 デンデンくん きらりちゃん
Pins_tokyo_personal_taxi_cooperativタクシーの世界にもキャラクターが登場したのですね!手に入れるとそれにまつわる事も気になってくるのが私の特性(笑)です。まずこのピンズを見て思ったのですが、それぞれのキャラが個人タクシーの天井に付いている行灯をかぶっています。その行灯にそれぞれ3つ星がついていますね。これは何かと思って調べたところ、優良なタクシーを認定するマスター制度の星なんですね!1つ星、2つ星を経てマスター認定基準をクリアして初めて3つ星「マスター」です。交通違反や苦情などがあって相応しくないとされるとマスター称号は取り消されて一からやり直しとなるそうです、、、

私もピンズ「マスター」などと名乗っていますが取り消されないように頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月24日 (火)

優秀なピンズ

就任以来トランプ大統領、アメリカ政府の動きに関するニュースが多いですね。

中国、そして日本との貿易収支が大幅な赤字であることを問題にしていますね。

特に今や世界No1の自動車メーカーのトヨタは就任前から槍玉に上がっています。

輸入障壁のことはともかく、第一に日本車は性能、CP、デザインが優秀です。

その上販売網、アフターケアというサービス面でも世界最高水準にあります。

つまり日本車が売れる理由は総じて「優秀」であるからに他なりません。

トヨタ プリウス 群馬トヨタ / ネッツトヨタ高崎
Pins_prius_gunma_toyota_netz_toyota群馬トヨタ自動車は群馬県高崎市に本社を置くトヨタの販社です。一方、ネッツ店(Netz)は主に若者・女性客をターゲットにした販社で高崎にもあります。ピンズは左が群馬トヨタ、右がネッツトヨタ群馬の販促品です。

ボディカラーとナンバープレートが違い、裏には各社の刻印もあります。

小さいピンズですが、細部の色入れやナンバープレートのプリントも綺麗ですね。

自動車ピンではホンダが先行していましたが最近のトヨタは遜色ありません。

これも優秀なピンズでエコカーの代名詞的車種「プリウス」に相応しい出来です。

ワールドワイドオリンピックパートナーとしても優秀なピンズをお願いしますね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 1日 (月)

周年のピンズ

ピンズは何かの記念に作成されることが多いアイテムです。

イベントや節目を飾る際の記念品としても多用されています。

ここ最近企業ピンで創業○周年のピンズがかなり多くなっている気がします。

特に自分の関わった企業のピンズであれば手に入れたいものですよね。

NISSAN MOTOR COMPANY "80 years of moving people"
Nissan_motor_company_80_years日産自動車は1933年創業以来、日本自動車産業の重要な一角を担っていました。これは2013年に創業80周年を記念して作成されたピンズです。

私は1995~2000年まで生産ラインの部品でお付き合いがありました。

特に最後の方はルノー傘下としてゴーンさんが社長になってからは大変でした。

NRP(ニッサンリバイバルプラン)の下でかなり厳しいビジネスでした。

当時を思い出しても試練の連続でしたが、ある意味その後の糧になりました。

楽しかったことも苦しかったことも、その多くが良い思い出、経験となります。

これもそういった思い出のある企業のピンズとして大事にしていきたいです。

そういえば当ブログの10周年記念ピンはどうしましょうかね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月15日 (日)

ピンズと雄姿

今年からホンダがパワーユニットサプライでF1に復帰していますね。

しかし、2015年F1世界選手権の開幕戦オーストラリアGP決勝では最下位と低迷…

やはりF1の世界はそんなに甘いものではないと痛感させられました。

ただあの1980年代の黄金期をリアルタイムで体感した身には歯がゆい結果です。

それにエンジンだけではなく日本人ドライバーがいないのも寂しいですね。

Kamui Kobayashi "2010 F1 BMW Sauber" Helmet
Pins_kamui_kobayashi_2010_f1_bmw_saF1は世界最高峰の自動車レースと言われていますが、そのドライバーのシートを獲得するのは並大抵のことではありません。もちろ見合った実力がなければドライバーにはなれませんが、中にはチームに資金をもたらすスポンサーを連れてシートを獲得する「ペイドライバー」という存在があるのも確かです。

小林可夢偉も2009年参戦当初はトヨタ、パナソニックという後ろ盾がありました。

しかし2010年にはそこから離れ、実力でザウバーのシートを獲得しました。

日本人初のペイドライバーではないドライバーという評価の声も聞きます。

このピンズはその2010年にザウバーでF1に参戦した際のヘルメットです。

あまりポテンンシャルの高くないマシンでしたが、32ポイントを獲得しました。

今年はスーパーフォーミュラへ参戦していますが、またF1で雄姿を見たいものです。

そしてその雄姿を焼き付けたような素敵なピンズが欲しいですねぇ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 4日 (水)

ピンズ体験

ピンズの入手方法は様々ですが、何かに参加してもらえるというピンズがあります。

その体験が思い出深ければ深いほど、ピンズを見る度にそれを思い出すでしょう。

特に子供時代の体験であったり、関心の強い事にかかわるピンズなら尚更です。

東京ディズニーリゾート ダッフィーバスふわふわ体験
Pins_tokyo_disney_sea_duffy_bus_tou2014年に東京ディズニーシー発のバスが各地を巡る旅に出発しました。それが「ダッフィーバス」です。そしてTDSに帰ってきたバスは現在期間限定で東京ディズニーシー・パーキングに展示されています。ディズニーシーにインすれば誰でも見れるのですが、特別に乗車してダッフィーに囲まれて写真を撮影が出来る「ふわふわ体験」付のチケットも発売されています。そして「ふわふわ体験」の記念品としてもらえるのがこのピンズなのです。

憧れのパークで可愛いバスに乗ってダッフィー達と「はいチーズ」…

それだけで楽しいのにピンズという素晴らしい記念品までもらえるのです。

素晴らしい体験と素晴らしいピンズ…こういう企画がもっと増えて欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 3日 (水)

名車のピンズ

この前書きましたが、最近キャラクター絡みのピンズの入手率が激増しています。

もちろん昔から集めてはいましたが、ここまで割合は多くはありませんでした。

一昔前まではキャラクターといえばアニメキャラクターがほとんどでしたからね。

ここ数年ゆるキャラに代表されるキャラクターが激増しているのは事実です。

それにつれてピンズの世界にもその結果がダイレクトに表れています。

その傾向は今後も続くでしょうが、なるべく色々なピンズをご紹介したいですね。

PORSCHE "RS Spyder"
Pins_porsche_rs_spyder純粋な自動車ピンをブログで取り上げるのは久々ですね。これはポルシェの2シーターレーシングカーのRSスパイダーです。レースの個人参加者(プライベーター)への販売を意図して作られています。そう聞くだけでワクワクします。2007/2008年のアメリカン・ル・マン・シリーズLMP2クラスにおいてペンスキーレーシングがこの車で全タイトルを獲得しました。このピンズもそんな名車のイメージを彷彿とさせる良い作りです。

やはり質感というのは大事で、このピンズはこの作りで正解でしょう。

さて、次はどんなピンズと出会って手に入れることが出来るのでしょうか、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月14日 (金)

ピンズと懺悔

Ginza_mikimoto_hello_kitty_flowerいきなりの画像ですが、11月初旬に銀座でミキモトの前を通るとちょっとした人だかりがありました。のぞいてみると花で出来たこのキティが店頭を飾っていました。キティ誕生40周年を記念してコラボしているミキモトが製作したものですが、その華やかさに思わず私も一枚撮影していました。私がキティを知ったのはいつの頃か…確実に記憶しているのは小学校高学年です。キティ生誕からまだ10年も経っていませんね。何故覚えているかというとクラスメイトであるT君の文房具一式がキティだったのです。

まず筆箱から始まり、下敷き、定規、筆記用具と全てピンクのキティ柄でした。

親の趣味でしょうが当時は男で可愛いキャラの文房具なんてあり得ないことでした。

それに女子でもキティモノを使っている子はほとんどいなかったと記憶しています。

当時の男子にとってヒーローモノの多面筆箱を持つことがステイタスでしたね。

女子もキャンディキャンディとかアニメモノが多かった気がします。

いじめまではいきませんが、T君はキティネタでかなりいじられていましたね。

私もからかっていました、、、今考えると…ごめんなさい!懺悔します!

そんな私が大人になってキティ他キャラクターのピンズを集めるようになるとは…

本当に人生って分からないものだな、と現状を顧みてそう感じています。

今やキティは世界中の人々、セレブや著名人にまで愛されるキャラになりました。

そしてキティピンはコラボの多さからも非常に奥が深いものとなっています。

Hello Kitty "PROSTAFF TAKEHARA"
Pins_hello_kitty_prostaff_takehara初め画像を見た時はただの市販ピンかと思いました。しかし台紙の"PROSTAFF"という文字が引っかかりました。これだけ大きく書いてあるからには意味があるのだろうと。よく見るとピンズにも入っていますしね。調べてみて目途は付きましたが、今一確信が持てません。ネットだったのでアップ主に台紙の逆側を見せてもらうように依頼しました。

するとそこに"TAKEHARA"という文字が印刷されていました。これで確定です。

プロスタッフはカー用品(洗浄液など)の製造メーカーです。

平成20年に会社名を㈱竹原からブランド名の㈱プロスタッフに変更しています。

穴の無い台紙でバーコードもないことから、これは非売品のピンズだと思います。

ピンズのエポの状態も合わせて考えると会社名が変わる以前のピンズでしょう。

検索してみるとキティコラボの商品があった様ですが、やはりかなり前のようです。

こうやって私は一生キティピンを追っかけているのでしょうね、、、T君!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月27日 (土)

ピンズの描写

先日ピンズの整理をしていると書きましたが、実はまだ完全に終わっていません。

新着のピンズの分類はほぼ完了しましたが、それ以前の未分類のものがあります。

休日の多い今の時期にと着々と進めていますが、なかなか一気にはいきません。

久々に出会うピンズをしげしげと眺めたり、出来のいいピンズに悦に入ったり…

昔の回想モードに入ったり、ブログの記事作成に突然入ったりと全く捗りません。

あまり記憶に無いピンズで出来が良いものに出会うとすごく得した気になります。

そのうちの1つを今日ご紹介するとしましょう。ホントいいピンズ、、、

PEUGEOT VTT
Pins_peugept_vttプジョーは19世紀末より自転車も製造しており、ツール・ド・フランスの総合優勝者の使用機材歴も通算10回を数えます。しかし、1980年代に他社に名義貸しをして一時期製造からは撤退していました。

90年代になると市場動向から再度製造部門を復活し、現在に至ります。

ピンズの自転車はVTT、フランス語でマウンテンバイクの略です。

確かに下りを疾走している姿がピンズのモチーフになっていますね。

乗り手の髪や服が風になびく姿も描写されていて、息遣いさえ感じます。

機材の細かさなどの描写、厚みや全体の造形等いかにもフレンチテイスト満載です。

裏を見てみるとやっぱりアルテュス=ベルトラン製でしたか、、、

多くの方にこういった素晴らしいピンズを是非手に取ってみて頂きたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月22日 (日)

ピンズのデータ

ピンズというものは世界中で日々作られ続けています。

しかし、そのジャンルもリリースする企業や団体も様々です。

ですから、その実態というか全体像というのを把握するのは難しいですね。

オリンピックやディズニーなどのコレクターも多いジャンルであっても同じです。

それほどに全世界で多種多様なピンズが出ているということです。

Australian NOC Sponsor MITSUBISHI MOTORS
Pins_australian_noc_sponsor_mitsubi各国にはNOC(National Olympic Committee)というその国ごとに国際オリンピック委員会(IOC)に承認された組織があります。日本ではJOC(Japanese Olympic Committee)がそれにあたります。JOCにはJOC固有のスポンサーが付いています。これはオーストラリアのオリンピック委員会の三菱自動車のスポンサーピンです。但し、2008~2012年の契約で、現在は再契約していないようですね。日系企業でありながらこのピンズでその活動を知りました。

過去のスポンサー、まして海外となるとネット時代でもなかなかヒットしません。

そういう観点からも、ピンズの残す情報というものは非常に参考になります。

本来であれば、様々なピンズのデータを網羅したものがあればベストですけどね。

私にできるのはこうやって少しずつピンズを紹介していくことだけですが、、、

まぁ、奥が知れないのもまたピンズの面白さ、、、とも言えますけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧