Jリーグ・サッカー

2015年3月 6日 (金)

スタジアムのピンズ

私は2002年のFIFAワールドカップのピンズがピンコレクションの入口でした。

思い返すと2002年のピンズは前後の大会と比べても圧倒的に素晴らしかったです。

優秀な意匠の多さ、特にスポンサー・メディアピンはかなり充実していました。

それでもサッカー1種目ということで公式ピンではかなり意味不明なものも多数…

オリンピックに比べると見劣りしますが初心者には最適だったかなと思い返します。

W杯ピンを細かくジャンル分けすると、べニューピンというものがあります。

venue=開催地で、日本では開催された10ヵ所の都市とスタジアムのピンズです。

横浜・静岡といったサッカーどころがある一方で開催しなかった有力都市もあります。

東京は立候補しませんでしたし、名古屋を擁する愛知県でも開催されていません。

今日はその愛知県で開催候補となったスタジアムのピンズをご紹介します。

2001.10.24 豊田スタジアム・オープン記念事業実行委員会
Pins_toyota_stadium_2001_open愛知県の豊田スタジアムは名古屋グランパスの準ホームやラグビートップリーグ2チームのホームスタジアムとして使用されています。また、FIFAクラブワールドカップの日本開催時に使用されています。本来は2002年のFIFAワールドカップの開催をにらみ計画されましたが、新潟市と競って落選。これは当時かなり話題となったニュースで、サッカー不毛の地の逆転勝利と騒がれました。

しかし豊田スタジアムは収容人数等の計画を変えつつも、2001年に落成。

ワールドクラスのスタジアムで急傾斜の観客席は観やすいと定評があります。

このピンズは豊田スタジアム開設記念行事の際に配布されたピンズです。

W杯の開催地レースは残念でしたが今でも多くのサッカーファンに愛されています。

私も他のW杯のピンズと同じくこのピンズを大切にしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月10日 (金)

冠スポンサーのピンズ

本日キリンチャレンジカップのジャマイカ戦が行われましたね。

日本代表の得点は相手のオウンゴールの1点どまりでしたが完封勝利となりました。

ただ、香川選手が試合後チームを離脱するというアクシデントもありましたね、、、

ともかくアギーレ新体制での初勝利ということで、今後の飛躍に期待しましょう。

KIRIN LOVES SOCCER
Pins_kirin_loves_soccer_2010キリンは1980年からキリワールドサッカー(現キリンカップサッカー)の大会冠スポンサーとして日本のサッカー発展に協賛してきました。1998年には麒麟麦酒、キリンビバレッジが日本代表チームのオフィシャルスポンサーとなりました。

以降はキリンカップとは別に国際親善試合シリーズの冠スポンサーにもなりました。

そのシリーズがキリンチャレンジカップということです。

このピンズはキリンが2010年に配布したものだと記憶しています。

左のキャラクターはキリンの環境活動のマスコット「エコロジー」です。

ビールの泡をイメージしたキャラクターで日本代表のユニフォームを着ていますね!

やはり冠スポンサーのピンズは一番に押さえておきたいものです。

今後も毎年素晴らしい試合とピンズを作って頂けることを願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月12日 (金)

ピンズと刺激

日本サッカー代表は今年のブラジルW杯では勝利なしとふるいませんでしたね。

本来であれば大会のピンズを集めるところですが、全く触手が伸びませんでした。

まぁ、ピンズ収集のまったりモードとも重なったということもありますが、、、

思えば2002年のW杯や2004年のアテネ五輪は数多くのピンズを集めました。

そういった大会は日本勢が大活躍した大会なんですよね。

その活躍により刺激され、記念品としてのピンズ収集にも拍車がかかりました。

アギーレ新体制は守備面など課題も多いですが、新しい力も台頭しています。

まずは来年のオーストラリアAFCカップを見据えて体制を整えて欲しいものです。

AFC 10th ASIAN CUP 1992 HIROSHIMA
Pins_afc_10th_asian_cup_1992_hiroshこれは1992年に開催されたAFCアジアカップのピンズです。過去に唯一日本で開催されたAFC杯です。

広島大会では日本が優勝をおさめ三浦知良選手が最優秀選手に選ばれました。

AFCの優勝国はFIFAコンフェデレーションズカップにも出場できます。

コンフェデ杯はワールドカップのプレ大会に位置付けられる重要な大会です。

選手達にとっても貴重な国際経験を出来る絶好の機会でしょう。

日本代表の活躍が刺激となり、私のピンズ収集心に火を点けて頂きたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

大舞台とピンズ

先の2011FIFA女子ワールドカップでの日本代表の勝利は記憶に新しいところです。

3月の東日本大地震の影響で暗く沈んでいる日本に一筋の光明をもたらしました。

それ以来なでしこジャパンの彼女たちを取り囲む環境は180度変わりました。

日本代表、そして彼女たちの多くが所属するリーグでもフィーバーが続いています。

なでしこリーグ再開後、各地で再開されたゲームの観客数は特に顕著です。

中でもW杯MVPの澤穂希選手の所属するINAC神戸の観客数は凄いです。

再開直後に1万7812人、その次の試合が2万人1236人と前代未聞の数字です。

なにしろリーグ平均入場者数が800人程度だったのですから比較になりません。

彼女たちが制したW杯というのがいかに大舞台であったかということです。

Women's World Cup 2011 "ARD / ZDF"
Pins_womens_world_cup_2011_zdf_ardこれはドイツの公共放送が大会時にリリースしたピンズです。女子の大会らしくサッカーボールの中央にハートマークですね。なでしこが挑む次の大舞台は2012年のロンドンオリンピック…

誠に勝手ながらミーハーな国民代表として期待しちゃってよろしいでしょうか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

ピンズも頑張ろう

皆さ~ん。ご無沙汰しておりました。

1000回という区切りを迎えたのと、いわゆる「リア多忙」でブログから離れていました。

実際東日本大震災以来、6月頃まではピンズ集め自体に積極的になれませんでした。

そして地震影響で仕事も忙しくなり、一時はブログどころでなかったのも事実です。

しかし、事態が落ち着くとピンズに自然と触手が伸びたのは言うまでもありません。

まぁ、ブログの方は一旦離れるとおっくうになった、というのが正直なところです。

皆さんからも「ブログ更新はどうした」「ピントレに飢えている」との声も多数…

東京ピントレも先日発表しましたが10月に久々の開催の運びとなりました。

しかし10月はまだ先なので、待ち切れずに最近2回ほどピントレに参加してきました。

愛知万博ピンバッジ交換会 開催50回記念
2005_expo_pins_trading_party_50th8月6日に愛・地球博のピンバッジ交換会が開催されました。私も直前まで予定がつきませんでしたが、50回という記念の会だったので急遽参加を決定。50回と一口に言いますが大変なことです。会の方も大盛況で愛知万博のピンコレクターさんのアツい情熱を肌で感じました。色々と交換して頂きましたが、50回を記念するピンズも販売されていました。

モリコロの意匠をいまだに使用できるというのも素晴らしいことですね。

オリンピックやFIFAワールドカップではこうはいきませんからね。

去年の上海万博や更にそれ以降の話もあり、皆さんの情熱はまだまだ尽きません。

万博ピンは日本のピンズシーンにおいて大きな柱に成長したと実感できた一日でした。

そしてその一週間後に東京で納涼会を兼ねたミニピントが開かれました。

参加者は6名と少数でしたが、内容は充実で結構な数のピンズを入手出来ました。

川崎フロンターレ Mind-1ニッポンプロジェクト (2011.3.11東日本大震災復興支援)
Pins_kawasaki_frontale_mind1_nipponその中で印象深かったのがこのピンズ。今回の震災を機に世に出始めたいわゆる「復興支援ピン」の1つです。復興支援ピンについては会でも話題になりましたが、結構な種類が出ていますね。ピンズを集めて復興支援の一助になれるとはまさに一挙両得。

このピンズに書かれている「支援はブームじゃない。」という言葉にはグッときます。

今回の震災復興は原発問題もあり数十年単位で考えることが必要とされています。

国民一人一人の努力、支援もブームで終わらせたらお先真っ暗になることでしょう。

「継続は力なり」この言葉を胸に皆が協力していかなければいけませんね。

そしてピントレやブログも継続は力なり、、、ですね。うん、頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月29日 (金)

感謝のピンズ

本日スポーツの世界で震災復興のスタートを象徴する試合が仙台で2つありました。

1つはプロ野球の東北楽天イーグルスVSオリックスバッファローズの一戦。

もう1つはサッカーJ1のベガルタ仙台VS浦和レッドダイヤモンズの一戦です。

楽天、ベガルタ共に東日本大震災で被災した本拠地仙台での初戦となりました。

私はどちらのファンでもありませんが、今回は楽天とベガルタに勝たせたかった…

今日は半分仕事で試合は生で見れませんでしたが、楽天は勝つと思っていました。

楽天先発が田中将大で、昨日のインタビューでの気合からも打たれないだろうなと。

対してベガルタ仙台は心配でした。前節去年優勝の名古屋を下した浦和レッズです。

しかも浦和レッズは仙台に対し過去の対戦成績が7勝3分けと相性抜群です。

前日に「うちは空気読まないよ」とレッズ柱谷GMが自信満々に言い放ってるし…

宮城県赤十字血液センター ベガッ太くん 献血ありがとう
Pins_japan_red_cross_vegalta_sendai夕方に帰宅するとテレビでスポーツニュースを見ました。スポーツニュースのトップはマー君の好投による楽天の勝利!ヨカッタ、、、そしてベガルタ仙台が執念の、、、粘りの、、、1点差勝ち ヾ(*´∀`*)ノ これは本当に嬉しかったですね。被災地に勇気を与える勝利でしたね。

両チームのファンの方々本当におめでとうございました。

そして勝たなくてはというプレッシャーに打ち勝った両チームの選手に大感謝です!

*ピンズのキャラクターはベガルタ仙台のマスコット「ベガッ太」くんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

ピンズで親睦

第18回ピントレーディングは11月20日に盛況のうちに閉会致しました。

ご参加の皆様方どうも有難うございました。改めて全員が主役の会だと感じました。

また、懐かしい顔、お初の顔、そして馴染みの顔とバランスが良かった気がします。

例え久しぶりでも、初めてであっても、ピンズを介して親睦を図ることができます。

さすがコミュニケーションツールの本領発揮だな、と今更ながら感心します。

さて、恒例の開催報告も兼ねまして私が手に入れたピンズの一部をご紹介します。

LAPITAFLEX / LAPITA AIR WAYS / LAPITA GENERAL STORE
Pins_lapitaラピタは小学館が1995年に創刊の主に40代の男性向けのライフスタイル誌です。残念ながら2008年一杯で休刊になってしまいました。時計や趣味の小物に興味のある私も背伸びをして読んだ覚えがあります。

こういう心がワクワクするような雑誌には残っていてほしかったですね。

このピンズもそんなラピタの遊び心が詰まったデザインとなっていますね。

2004 Christmas Buzz Lightyear & Little Green Men
Pins_toy_story_buz_glm_2004_christmトイ・ストーリーの主要キャラであるバズ・ライトイヤーとエイリアンことLGMのパーツスピナーという面白いギミックピンです。数あるディズニー作品の中でもトイストーリーが一番好きかもしれません。

そろそろ盛り上がりつつあるクリスマスのピンズと季節感も十分です。

それにしてもピンズ本体は2枚重ねで4㎜、重量にして25gというヘビー級です。

ちょっとやり過ぎのように思えますが、これに関しては決して嫌いじゃありません。

Pins石鏡第一ホテルは三重県鳥羽にある観光ホテルです。ピンズにもありますが、トンビの餌付などが出来る宿とのこと。絶景、温泉、海の幸にトンビ、、、是非一度行きたくなってきました!

Red ribbon 静岡県厚生部 ふじっぴー
Pins_red_ribbon_fujipレッドリボンはエイズ患者さんに対する理解と支援を求める運動の象徴です。このピンズに入っているキャラクターは2003年開催のわかふじ国体でキャラクターとして登場した「ふじっぴー」です。国体終了以降は静岡県のキャラクターとして色々な局面で活用されています。こういう強いキャラはピンズ普及に大いに役立っていますね。

UNIVERSAL STUDIO JAPAN "STUDIO PLATINUM PASS"
Pins_universal_studio_japan_studio_ユニバーサルスタジオのピンズはあまり得意な分野ではありませんが、ピンズのデキにつられて入手しました。初年度の年パス購入者限定ピンとのこと。

造形、重量感、裏の仕上げなど隙の無い素晴らしいピンズです。

このレベルのピンズが多ければもっと首を突っ込むのに…それも怖い気がしますね!

Hard Rock Cafe YOKOHAMA "GOR with Tanemaru"
Pins_hard_rock_cafe_yokohama_gor_wi横浜開港150周年の記念博覧会「開港博Y150」とのハードロックカフェのコラボピンです。最終的に25億円の赤字を出し、イベントとしては失敗という声が多いですよね。でもイベントキャラクター「たねまる」はお姉さんの御御足の上で嬉しそうです…

Yokohama F·Marinos 2003 ふれあいサッカープロジェクト adidas
Pins_yokohama_f_marinos_2003_adidasサッカーの楽しさを伝える事業の一環として横浜F・マリノスが1999年から展開しているふれあいサッカープロジェクト。前チームユニフォームサプライヤーであるアディダスとのコラボピンは貴重ですね。

2000 SYDNEY OLYMPIC U.S.A TEAM OFFICIAL OUTFITTER "adidas"
Pins_sydney_olympic_usa_team_adidas少なからず毎回必ず手に入れているのがオリンピックピンです。さすがピンズの代表的ジャンルですね。これをリリースしたのはシドニーオリンピックの際にアメリカのNOCスポンサーだったアディダスです。

ジャンルが違いますが先のアディダスピンも手に入れ気分も上々です。

2002 FIFA WORLD CUP Coca-Cola "2002 MAY.31 KICK OFF"
Pins_2002_fifa_world_cup_cocacolaFIFAワールドカップでスポンサーであるコカ・コーラが販売したピンズです。オフィシャル販売ピンは基本的に手に入れなかったのですが、コーラピンに関しては例外的に今までコツコツと集めていました。やっぱり販売とはいえCokeブランドは魅力的なんですよね。ただ、一体何種類あるんだかよく分からないのが玉にキズといったところでしょうか。しかし、2002年ですから日韓ワールドカップもう8年も経ったんですね、、、

Cafe Cub Party in KYOTO 2009.6.14
Pins_honda_cafe_cub_party_in_kyoto_ホンダ スーパーカブは世界最多量産の二輪車として多くの人に愛されてきました。そして全国のスーパーカブオーナーが自慢の愛車と共に京都に集まる催しが「カフェカブパーティーin京都」です。(ホンダ主催は「青山のカフェカブミーティング」です。)

ホンダピンは素敵ものが多いですが、このピンズは特に雰囲気があるんですよね~

JAちくま 10周年(2000年)pins JA Chikuma 10th anniv.
Dscn4338_edited長野県千曲市に本所を置くJAちくま。三農協の合併によりちくま農業協同組合が発足してから10周年を記念したピンズだそうです。
何とも可愛いピンズですが、デキはかなりしっかりしています。サイズといいデザインといい好きなピンズですね。

などなど、今回も計40個ほどのピンズを手に入れることが出来ました。

飲み会も2次会、3次会と相変わらずですが、楽しい一時でしたね。

次回開催は来年4月位になるでしょうか。その前には長野もありますしね、、、

どちらにしましても、今後も多くの方々と交流し親睦を深めていきたいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

見過ごしたピンズ

ピンズをあのワンチャンスで手に入れていれば!と後悔することがあります。

そうかと言って高値の時に交換したり買ったりしてから雨後の筍ということも、、、

ただ、スルーしてからパッタリとそのピンズと巡り合わなくなることもあります。

経験上そういうピンズは少数派なのですが、それを完全に予想はできません。

もっと悪いのが思い込みや知らないことによる見過ごしではないかと思います。

ピンズを手に入れるためには、正確な情報を知るということが何よりも大切なのです。

2002 FIFA WORLD CUP Nomura Securities "Earth and Moon"
Pins_2002_fifa_world_cup_nomura_s_2 私のピンコレクションの原点は2002年のワールドカップです。その日韓W杯でオフィシャルサプライヤーを務めた野村證券がリリースしたピンズです。地球の周りを月に見立てたボールが回るという何ともユニークな仕掛けがしてあります。実はこのピンズの存在を知ったのは2006年のことでした。というか見たことはありましたね、確実に。でも野村證券のピンズだとは露ほども思わなかったのです。このピンズは限定品であり数が少ないせいか、過去に見かけたのもネットオークションでした。一般のオフィシャル販売ピンと思って顧みることなくスルーしていました。それと思い込みのせいもあります。

「野村W杯ピン」は大会エンブレムと"NOMURA"の紋切り型のピンズだけだと、、、

まぁ、確かに"NOMURA"も"OFFICIAL SUPPLIER"の字も見えずらいですけど…

知った契機は私と同じくW杯ピンを集めている方とピントレで話した際のことでした。

その時はまさか未知なる野村ピンがまだあったのか!と大変驚いた覚えがあります。

それ以来色々と探していましたが、つい先日のオークションでやっと発見しました。

恐らく事前に情報を知らなかったら、オフィシャル販売ピンだとスルーしていたでしょう。

ピンズも嬉しいのですが、この情報をもたらしてくれた方にまず感謝ですね。

前回にも通じますが、やはりピン友とその媒介であるピントレは大切なんですねぇ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

ジャパンのピンズ

さて、ワールドカップも1次リーグのクライマックスを迎えつつあります。

世界の強豪にとっても易しい戦いでない事は幾つもの番狂わせが証明しています。

Pins_jfaそして、我が日本代表にも運命のデンマーク戦が近づいてきていますね。2002年以来の決勝トーナメント進出を何としても成し遂げて欲しい、そんな思いです。日本サッカー協会のエンブレムピンです。販売ピンと違い回り止めが四ツ爪、留具もタイタックという高級仕様です。デンマーク戦ではこれを胸にテレビの前で応援しようと思います。(睡魔との戦いにもなりそうですけどね!)

ピンズの方はもう1つ、今回の題にふさわしいものが手に入りました。

VISIT JAPAN CAMPAIGN "Mt. Fuji & Cherry blossoms"
Pins_visit_japan_campaign_mt_fuji_c富士山と桜!これはまさに日本を代表する役者です。いわば観光日本の2トップですね。手に入れたアメリカ人の方から「日本に2004年頃に旅行した際にもらった」と聞きました。そう、これは初期のYokoso! Japanピンなんですよね。字を見れば一目瞭然です。

それではJFAとこのYokoso! Japanの両ピンを胸に日本代表を応援するとしましょう!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

好きなピンズ

ワールドカップ南アフリカ大会の日本代表メンバーが発表になりましたね。

小野・小笠原両選手の落選は時代ですね…(川口選手が選ばれたのはちょっと驚き)

ワールドカップ、、、そう私とピンズとの出会いも2002年のワールドカップでした。

ピンズの面白さを教えてくれたW杯に改めて感謝の気持ちが湧き上がってきます。

2002 FIFA WORLD CUP "TOSHIBA"
Pins_2002_fifa_world_cup_toshiba2006年までワールドカップのスポンサーを務めていた東芝。このピンズは大きさも丁度よく、重ねピンの魅力も教えてくれました。デザイン自体派手ではありませんが、必要最低限かつ効果的な作りだと思います。大会中はなかなか手に入りませんでしたね。手に入れた時の喜びは今でも忘れません。あの頃はともすると種類の違うピンズを集める事を優先していた気がします。

そんな中このピンズは「なんかこれ好きだ」と思えたピンズでしたね。間違いなく。

そしてその時のテンションから余り変わらず、今でもこのピンズは大好きです。

基本的に集めているピンズはみな何か感じるところがある、と言えばそうです。

そうは言っても、直感的に「好きなピンズ」というのは確かに存在するのです。

好きなピンズが手に入り、そして突然目の前に新たなお気に入りが現れる…

そうなるとピンズ集めが止められない止まらない…わけなんですよね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)