書籍・雑誌

2017年1月18日 (水)

ピンズで啓発

当ブログではメッセージツールとしてのピンズを数多く取り上げてきました。

社会的な啓発運動にもよく使用され、ピンクリボン運動などでは多用されています。

また近年のゆるキャラブームもあり、ゆるキャラを多用したピンズが増えています。

山口県歯科医師会 ちょるる 「8020運動」
Pins_8020_campaign_yamaguchi_prefec皆さんは「8020運動」なるものを耳にされたことはありますでしょうか。「80歳になっても自分の歯を20本以上保つことを目指そう」という歯の健康増進活動のことです。20本以上の歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われています。そのため、「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込めてこの運動 が始まりました。こちらは山口県でのキャンペーンに使用されたピンズで、県のキャラクター「ちょるる」が歯磨きをして8020運動の啓発に一役買っていますね。

静岡県 ふじっぴー 「読書県しずおか」
Pins_shizuoka_read_books_prefectureこちらは静岡県が県民の読書を啓発するために作製したピンズです。「本に出会い、本を知り 本に親しみ、本を活かし 本と生き、本を伝える」をスローガンにしています。こちらでも静岡県のキャラクター「ふじっぴー」が活躍しています。ちょるるもそうですが、キャラクターを絡めるとより人目をひきやすくなりますね。今後も様々な啓発運動で面白いピンズが沢山出ることを期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

ピンズで連想

ニュースでの雪の知らせが、東京でも「冬近し」を感じさせる今日この頃ですね。

皆さんはいかがお過ごしでしょうか。風邪がはやり出したので、お気をつけ下さい。

私はと言えば復調し、気温の推移とは対照的なテンションとなっております。

そんな私をさらにアツクさせるピンズが、最近手に入りました。

フレンチピンなのですが、その表現方法がなかなか素晴らしいのです。

直接ピンズに投影されたデザインから、関連することを連想させてくれます。

TELE POCHE
Pins_tele_poche「テレポシェ」はフランスのテレビ番組案内雑誌です。お父さん、お母さん、お兄ちゃん、それと熊のぬいぐるみを抱えている妹さん。皆で仲良く1つのソファーに座っています。テレビ雑誌メディアのピンらしく、家族揃ってテレビを楽しく見ている、、、まさに理想的一家団欒の構図です。

部屋の様子や各人の顔、そして家の外観まで思い浮かぶようではありませんか?

Photo-Me "Photomaton"
Pins_photomaton画像を見てお分かりになると思いますが、自動証明写真機のピンズです。フランスでは「フォトマトン」と呼ばれています。このフォトマトンは"Photo-Me"という企業の登録商標みたいですね。非常に小さなピンズですが、お金を入れるところや、椅子やカーテンが緻密に描写されています。表からのデザインですが、カーテンのその奥、、、人が実際に入って撮る様子まで想像してしまいます。

こんなピンズを見るにつけ、「ピンズの奥深さは計り知れない」と改めて痛感しますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月28日 (土)

ピンズと積み重ね

ピンズはお金を出せばいつでも手に入るというものではありません。

また、いつそのチャンスがあるのか、予測がかなり難しいアイテムです。

しかも、常に新しいピンズがリリースされ続けています。

頭の中にある"欲しいピンズリスト"には、常に100個以上リストアップされています。

そのリストに新たなピンズを書込み、それを手に入れていく作業を続けているわけです。

いちご新聞 430号付録 Heatherette×Hello Kitty
Pins_heatherettehello_kittyヘザレットはあの「あゆ」も大好きだという、NYのポップでパンキッシュなブランド。実際にキティとのコラボグッズを製作しています。

このピンズはキティの顔をしたボールポーチの写真をベースにピンズにしています。

写真だとチープな出来になりがちですが、サマになっています。

さすがキャラクターの女王キティ、様々な分野で活躍されております。

このピンズ、揃うのに時間がかかりましたね。いちご新聞自体かなりニッチですから。

それにピンズは1冊に1種なので、大抵の方は1ヶしか持っていないんです。

最初はピンクで2004年の中頃、黒はその一年後。最後の青がつい先日、、、

コンプ難易度はさほど高くないはずですが、それでも3年以上かかりました。

入手した時の喜びは、リストアップ期間の長さに比例するようです。

趣味はその成果もさることながら、経過を楽しむ事に意味があると思います。

そう、ピンコレに大事なのは積み重ね。これは色々な事にも通じますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

地方とピンズ

ピンズはどうしても、企業の密集した大都市、特に東京の方に数多くあります。

しかし地方にも、その地方らしいピンズがあります。

観光地、またはその地に根付いた企業等が結構リリースしています。

私は東京に住んでいますが、なかなかそれらを目にする事が出来ません。

最近は、ネットの普及と共に、地方発のピンズもお目にする機会が増えました。

河北新報 かほピョン
Pins_kahoku河北新報は、仙台市に本社を構える日刊新聞です。宮城県では、70%の購読率を誇るメディア。東北各県でも販売されています。かほピョンは、河北新報のマスコットキャラクターです。何ともとぼけた表情が可愛いですね。作りも細やかです。(かほピョンは、河北新報のHPによると、「喜怒哀楽が激しい」そうです。)

私は河北新報も、かほピョンも知りませんでした。

しかし、実際こんな可愛らしいピンズがあると覚えてしまいますね。

何事も知る事が大切。こんなピンズにもっと出会いたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

付録のピンズ

雑誌等の刊行物には、付録というものがありますね。

特集を組んだものの、関連グッズなどが多いですね。

コミックなんかでは、掲載漫画のグッズなんかね。

でも、大概ぞんざいな扱いを受けているものが多い様な気がします。

しまったまま忘れられるもの・使ってすぐ捨てられるものも多いでしょう。

まっ、確かに作りも予算的にチープなものが多いしね、、、

時に、ピンズもそんな付録として登場します。

いちご新聞 414号付録 Hello Kitty Tシャツピンバッジコレクション
Pins_kitty_414キャラクターの女王様ことキティ。いちご新聞は、そんなキティをリリースしているサンリオの月刊紙です。414号(2002年8月号)は同7月10日発売。一冊に1ヶ付いていました。しかし、414号って、いつから出てるのかな?

私はいちご新聞を、昔から知っていたわけではありません。

2002年W杯のピンもあらかた出なくなって、手詰まり感が出始めていた頃でした。

青いユニフォーム(シャツ)に、ゴールとボールのデザインとくれば、、、

それがキティであろうがなかろうが、関係ありませんでした。

それが、後にキティピンを集めるきっかけになろうとはね、、、

他の方も、色々な付録のコレクションをされていますね。

コレクションのきっかけは、こんなちょっとしたものなのかも知れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

ピンズの表情

普通、ピンズは挿した状態では、表面しか見ることが出来ません。

立体的なピンズであれば、角度により多少は表情が変わります。

しかし、やはり普通は正面から見ますよね。

このピンは、最初見た時、思わず色々な方向から見てしまいます。

ELLE LOGO
Pinselle1_1エルは世界35カ国で刊行されているフランスのファッション雑誌。そして、自身もカジュアルファッションブランドとして展開。

海外のピン友が、読者プレゼントで手に入れたものです。

日本でも、非常になじみのあるロゴですね。

Pinselle24面に、E・L・L・Eの文字が一文字ずつ。1面にELLEのロゴが。形としてはシンプルですが、意外に角度により違う表情を見せます。配色・形はシンプルですが、ブランドイメージとも合致しています。また、サイコロ型の本体と、スティックの部分のバランスもGOOD!さりげなく、そしてしっかりとした存在感と表情を楽しめるピンです。

またまた、ピンズの奥深さを感じましたねぇ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)