« 年末とピンズ | トップページ | ピンズ忘年会 »

2010年12月13日 (月)

インパクトのあるピンズ

ピンズというものは何かを表現し、伝えるツールであります。

ですから、そのデザインは何かしらの意図をもって製作されています。

ストレートなものからその意味を考えされられるものまで様々です。

その表現方法は様々ですが、今までに幾つものピンズに驚かされてきました。

そう、良いピンズとは受け手に強烈なインパクトを与えるものです。

IBM 50ans usine d'Essonnes 1941-1991
Pins_ibm_50ans_usine_essonnesフランスにあるIBMエソンヌ工場の操業50周年記念ピンです。ピンズの中央に埋め込まれているのはIC(集積回路)ですね。コンピュータのハードには詳しくありませんが、業界の巨頭として君臨し続けてきたIBMを象徴するに相応しいパーツですね。詳しくないので断言できませんが、ICの作りや質感から本物の様に見えます。

このアイデアは容易なようでなかなか思いつかないと思います。ピンズにICって。

もう20年ほど前のピンズなんですよね、、、フレンチピンのレベル高すぎます!

このピンズを初めて見たのは5年以上前ですが、今見ても改めて感心させられます。

そういった驚きが普段の生活にちょっとしたメリハリを与えてくれるのです。

これからも多くのピンズから元気をもらい続けたいものですね。

|

« 年末とピンズ | トップページ | ピンズ忘年会 »

ピンズ ( ピンバッジ ピンバッチ )」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

企業」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156135/50289862

この記事へのトラックバック一覧です: インパクトのあるピンズ:

« 年末とピンズ | トップページ | ピンズ忘年会 »