« ピンズと振り返るオリンピック "Back to the 2004" | トップページ | ピンズと振り返るオリンピック "Back to the 1996" »

2009年9月22日 (火)

ピンズと振り返るオリンピック "Back to the 2000"

2000年にオーストラリアで開催されたシドニーオリンピック。

1956年のメルボルン大会以来の南半球でのオリンピックでした。

マスコットはオーストラリアの動物を模した「オリー、シド、ミリー」の3体。

単体のマスコットよりグッズの広がりが期待できるから複数になったのでしょうかね。

この大会では日本は金5、銀8、銅5の計18個のメダルを獲得しました。

柔道女子 田村亮子選手の悲願の金、マラソン女子では高橋尚子が金を獲得。

柔道男子では3階級で金も、篠原選手の決勝での判定に憤慨した覚えがあります。

競泳男子3冠を成し遂げたイアン・ソープ選手の足のサイズにもビックリしましたね。

そういえばソープは「サメ肌水着」着用で注目されました。今とかなり違いますね…

私の分析ですが、この大会よりかなりピンズの質が違ってきたような気がします。

前回アトランタではピンズの種類が増え、1998年の冬季長野五輪でも大フィーバー。

それらの影響を受け、デザインに趣向を凝らしたピンズが急増したように思います。

Games of the XXVII Olympiad, Sydney 2000 "2UE" Radio
Pisn_sydney_olympic_2000_2ue_radio2UEはオーストラリアのラジオ局です。オリンピックではメディア関係・スポンサー・NOC(国やチーム)・インターナル(主催側が出すピンズ。ボランティアなども含む)・ライセンス(販売や商品に付いてくるもの)などに種別されます。メディアピンは恐らくコレクターに一番人気のジャンルです。このピンズはラジオを模っており、アンテナが動きます。見て楽しい、触って楽しいピンズです。

こんなピンズが沢山あるのですから、集めたくなるのは人情、、、ですよね!

|

« ピンズと振り返るオリンピック "Back to the 2004" | トップページ | ピンズと振り返るオリンピック "Back to the 1996" »

オリンピック」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

ピンズ ( ピンバッジ ピンバッチ )」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

メディア」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156135/46173520

この記事へのトラックバック一覧です: ピンズと振り返るオリンピック "Back to the 2000":

« ピンズと振り返るオリンピック "Back to the 2004" | トップページ | ピンズと振り返るオリンピック "Back to the 1996" »