« ピンズの満漢全席 | トップページ | ピンズの作りこみ »

2008年7月21日 (月)

ピンズ目線

第12回東京ピントレーディングからあっという間に一週間を経過しました。

この一週間は仕事の忙しさも相まって、非常に慌しい日々でした。

気が付けば北京オリンピック開催まであとわずかです。

確かにいつもの五輪と同じく、もしくはそれ以上にピンズがリリースされています。

まぁ、日本ではなじみのスポンサーが少ない事もあり、そんなに見かけませんね。

ただ、ちょっと海外に目を移すと、かなりのピンズがコレクター市場に出ています。

中には胡散臭いものもあるようですが、それも多かれ少なかれ毎回あることです。

そのうち日本のメディアピンも多く出てきて、それはそれで盛り上がるでしょうが。

2008 BEIJING OLYMPIC Audi "100 days to go" Set
Pins_2008_beijing_olympic_audi_100_北京五輪のスポンサーであるフォルクスワーゲングループのアウディがリリースしたピンズセットです。重量感のある木質系のケースと、蓋は4点マグネット留めで厚みのある透明プラスチック。

今大会は特に紙ケース入りのセットが多い中、その高級感は群を抜いています。

また、セットのピンズ1ヶ1ヶに込められた明確なメッセージも見逃せません。

オリンピックというイベント用というだけではなく、企業のPR用グッズとしても十分です。

ブランドイメージの向上には、消費者に良い印象を与えなくてはなりませんからね。

ピンズ目線は、消費者目線、、、リリース側にはそう思って頂きたいものです。

|

« ピンズの満漢全席 | トップページ | ピンズの作りこみ »

オリンピック」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

ピンズ ( ピンバッジ ピンバッチ )」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

企業」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156135/41919980

この記事へのトラックバック一覧です: ピンズ目線:

« ピンズの満漢全席 | トップページ | ピンズの作りこみ »