« ピンズの収集欲 | トップページ | ピンズのブルース »

2007年6月14日 (木)

ピンズが見せてくれる世界

別に区切りでもなんでもないんですが、ふと思うことがありました。

と言うか、いつも思っていることかもしれません。

それは、自分のコレクションが今後どの様になっていくかということです。

そもそも事の始まりは、2002年のワールドカップがきっかけでした。

それから色々なピンズや人々に感化され、自分なりの方向性を模索してきました。

考えてみれば、人生の一部と言っても過言ではありません。

ピンズに興味がない方から見れば不思議でしょうが、それだけ奥が深いものです。

ピンズを通じて色々教えられましたし、今後も様々な事を学ぶでしょう。

いつ役に立つ知識かは分かりませんが、人生を面白くしてくれること受け合いです。

TOKYO ONITSUKA
Pins_tokyo_onitsukaアシックスの前身ブランドであるオニツカタイガー。特にヨーロッパでは今でも、アシックスよりこちらの方が通りが良いそうです。1964年の東京オリンピックで発表されたコレクションでは"TOKYO ONITSUKA"のロゴが採用されていました。

国内でもオニツカタイガー人気が再燃し、シューズブランドとして復活しています。

このピンズもシンプルですが、カッコいいですよね。結構お気に入りです。

精緻な作りのものは、ピンズの可能性を感じさせてくれます。

逆に、この様にシンプルなものは、ピンズ本来の魅力を思い起こさせてくれます。

何よりピンズというアイテムは、自分のみならず他人との関係まで築いてくれます。

さて、次に出会うピンズは私にどんな世界を見せてくれるのでしょうか、、、

|

« ピンズの収集欲 | トップページ | ピンズのブルース »

スポーツ」カテゴリの記事

ピンズ ( ピンバッジ ピンバッチ )」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

ブランド」カテゴリの記事

企業」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156135/15421837

この記事へのトラックバック一覧です: ピンズが見せてくれる世界:

« ピンズの収集欲 | トップページ | ピンズのブルース »