« ピンズと知性 | トップページ | ピンズと足音 »

2007年5月28日 (月)

美とピンズ

今日は、久々に数時間ピンズと向き合う時間が取れました。

実は日曜日は完全OFFだったのですが、何と20時間寝てしまいました。

最近に無い爆睡でしたが、すっきりと疲れもとれました。

今回はそんな中で、しみじみと「いいな」と思えたピンズを紹介します。

当ブログでは何度も取り上げています、Arthus-Bertrand社製のピンズです。

BAUME&MERCIER LOGO
Pins_baumemercierボーム・アンド・メルシェはカルティエを中心とする"リシュモングループ"に属するスイスの時計ブランド。創業はボーム兄弟社の1830年に遡る老舗です。ブランドシンボルは、究極の美を意味するファイ(Φ)からデザインされています。

このピンズは、まさにそのブランドシンボルそのものであります。

ブランドのロゴ、マークはそれ自体が究極のデザインに近いと思います。

ですから、最小限の作りで最大限の美を表現出来るのでしょう。

また、一見華奢ですが、各ラインの断面は台形になっていて実用に耐えます。

トレードで手に入れたというのもありますが、幾分使用感もあります。

このシンプルな作りからして、恐らく社章の様なものでしょう。

シンプルに美しく、しかし実用にも耐えうるタフさも併せ持つということです。

恐らく、これはこれでこれ以外の形にはなりえない代物なのでしょう。

「何も足さない、何も引かない」と、一昔前のフレーズが頭をよぎります。

美しさ・楽しさ・感動、、、ピンズは実に多くの事を語ってくれますね。

|

« ピンズと知性 | トップページ | ピンズと足音 »

ピンズ ( ピンバッジ ピンバッチ )」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

ブランド」カテゴリの記事

時計」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156135/15237851

この記事へのトラックバック一覧です: 美とピンズ:

« ピンズと知性 | トップページ | ピンズと足音 »