« ピンズと継続 | トップページ | 日本勢のピンズ »

2007年3月15日 (木)

ピンズと自然体

長野ピンずる祭りの後、ちょっとピンズは小休止しています。

これが趣味のいいところ。自分である程度のコントロールが出来ます。

特に、コレクターなるものはある意味"自称"。自分の意識が中心です。

ですから、自分なりのこだわりや思いをベースに自由にやっていけます。

最近思うのですが、そのこだわりや思いも、ある意味邪魔になる時があります。

もちろん、こだわりや思いは原動力でもあり、非常に大切でもあるんですがね、、、

そして他の人からはなかなか見えませんし、人により千差万別です。

私が考えるに、一般的に最も多いと思うのは"ジャンル"でしょうか。

今更私が言うまでもありませんが、ピンズというものは多様性に富んでいます。

正直、私も初めから気付いていたわけでもありませんが、、、

ただ、「良いものは良い」と受け入れられるようになって、初めて見えるものもあります。

単純に自然体であるのが一番楽ですし、その世界を楽しめるのだと思います。

PARIS Tennis (moving ball)
Pins_hard_rock_cafe_paris_tennisハードロックカフェのピンズは、よくご当地の名物をデザインに入れます。パリの名所であるブローニュの森に、全仏オープンの開催地ローランギャロスは隣接しています。間違いなくそれを意識してます。更にボールが動きますね!

しかし、特に年号も入っていないので、ただのギターピンの一種とも言えるでしょう。

自分が興味あるもの、事、場所、そしてピンズから受けるインスピレーション。

それを素直に受け入れてこそ、本当に楽しむことが出来るのだと思います。

小さなこだわり、大きな楽しみ。私にとってもこれからの理想形ですね、、、

|

« ピンズと継続 | トップページ | 日本勢のピンズ »

スポーツ」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

ハードロックカフェ」カテゴリの記事

ピンズ ( ピンバッジ ピンバッチ )」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156135/14275137

この記事へのトラックバック一覧です: ピンズと自然体:

« ピンズと継続 | トップページ | 日本勢のピンズ »