« ピンズと競争 | トップページ | 信用とピンズ »

2007年2月 4日 (日)

リズムとピンズ

もう2月に入ってなんなんですが、2007年は微妙な年です。

というのは、世界的大イベント、特にピンズが多く出るイベントがありません。

オリンピックは来年、ワールドカップは2010年。万博もないですしね。

特に五輪・W杯ピンコレクターの方にとっては、少し寂しい年でもあります。

私は色々なピンズを集めていますが、最近ジャンル毎の違いを感じます。

ピンはピンですから、モノに天と地ほどの差があるというわけではありません。

表には表現したいこと、裏に針が付いているという大きなくくりでは一緒です。

しかし、ジャンル毎の"リズム"は本当に大きく違うなと感じます。

例えば、オリンピック・W杯・万博などの開催間隔は年単位です。

前後して出るピンズもありますが、ほとんどは開催日程とリンクします。

毎年開催のイベントも、同じことが言えます。

HRC・ディズニーといったピンズも、販売・配布のパターンは決まっています。

企業・ブランド等は不定期ですが、じっくり狙っていけば手に入ります。

このリリースパターンが、コレクターの行動を決定していると言えるでしょう。

決まったリズムで収集出来るということは、かなり魅力的です。

逆に、このリズムがないと時間的にもかなりキツイのかな、とも思います。

他のジャンルに手を出すというのは、収集のリズムが崩れるということです。

価値観だけではなく、それが各ジャンルの壁になっているのかもしれません。

実際、私の様にマルチジャンルですと、収集のコントロールが難しいですしね、、、

2000 SYDNEY OLYMPIC CCTV(中国中央電視台)
Pins_2000_sydney_cctvしかし、それはそれ。ジャンル毎に特有の魅力があるからやめられません。このピンズは2000年のシドニーオリンピックで、中国の国営放送CCTVがリリースしたもの。

色付の金地のピンズには、龍がデザインに入っていて「いかにも」という感じです。

オリンピックのピンズは国際色豊かで、デザインも豊富なのが魅力です。

また、オリンピックピンは、長い"待ち"の時間も楽しみの1つかもしれません。

色々なジャンルのそれぞれのリズムを味わえるのは「また楽し」という事でしょう。

|

« ピンズと競争 | トップページ | 信用とピンズ »

オリンピック」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

ピンズ ( ピンバッジ ピンバッチ )」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

メディア」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156135/13779894

この記事へのトラックバック一覧です: リズムとピンズ:

« ピンズと競争 | トップページ | 信用とピンズ »