« 趣味としてのピンズ | トップページ | 直感とピンズ »

2007年2月17日 (土)

ピンズと予算

最近のピンズは、ほとんどが中国で生産されていますね。

1990年頃のピンズの台紙などを見ると、台湾製が多い様ですね。

それより以前には、主に国内で生産されていた時期もあるそうです。

ピンズの製作は、思った以上に人手のかかる工程が多いですからね。

より安い人件費を求めて、主生産地が変わるのも当然と言えましょう。

当ブログの一周年記念ピンズも、中国の工場で生産されました。

デザインやコスト、様々な要素をクリアして初めて1ヶのピンになります。

特に販促目的の非売品のピンズなどは、裏で様々な努力があると思います。

ピンを作ってみて分かったのですが、大きさは結構重要なファクターです。

大きさにより、基本的価格がある程度決まってしまいます。

J.LEAGUE AWARDS 1996~2006
Pins_jleague_awardsこれは、毎年開催されるJリーグアウォーズ(J1リーグ戦の表彰式)で配布されるピンズです。私が知る限り、'96年からピンズが確認できます。並べてみると、'99年からピンズやケースの大きさが小さくなっています。ピンズは最長部が30mmを超えるかどうかで、単価がガラッと変わるそうです。確かに、'98年までは最長部が30mmを超えていますね。デザインも、年々簡素化されてきているのが分かります。

2003年からは、ほとんどデザインすら変わっていません。
(それはそれで、逆に統一感があっていいと思いますが)

このピンズの変遷を見ていると、Jリーグの台所事情がうかがえる様で、、、

大変だとは思いますが、なるべく記念のピンズは継続して欲しいですね。

欲を言えば、その中でも「素晴らしい!」という様なピンズを出して欲しいものです。

|

« 趣味としてのピンズ | トップページ | 直感とピンズ »

Jリーグ・サッカー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

ピンズ ( ピンバッジ ピンバッチ )」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156135/13898009

この記事へのトラックバック一覧です: ピンズと予算:

« 趣味としてのピンズ | トップページ | 直感とピンズ »