« ピンズと輝き | トップページ | ピンズ歴 »

2006年11月 8日 (水)

ピンズと実感

ピンズの役割として、ある出来事を鮮明に残してくれるというものがあります。

昨日のピンズの様に、一時代を築いた人・モノは結構ピンズで残っています。

しかし、時の主役となれずとも、ピンズに残る場合があります。

そんなピンズは、主役達のピンズとは違った思いを抱かせてくれます。

1994 McLaren Peugeot ESTORIL
Pins_mclaren_peugeot_estorilポルトガルGPが開催されていたエストリルと、マクラーレン・プジョーといった懐かしの取り合わせです。プジョーは1994年からF1にエンジン供給を開始。

しかし結局1勝も出来ないまま、2000年のシーズンで撤退してしまいました。

ポルトガルGPも、1996年が最後の開催でしたね。

確かにF1グランプリというのは、全てが目まぐるしく変化していきます。

それが最先端の技術、巨額の金銭、複雑な人間関係が絡むF1の世界なのでしょう。

結果が出なければ、次々と新しいものに取って替わられていきます。

しかし、このピンズは確かにエストリルでプジョーが走ったことを実感させてくます。

色々な記憶・感情を思い出し、味あわせてくれる。そんなピンズに感謝したいです。

|

« ピンズと輝き | トップページ | ピンズ歴 »

F1グランプリ」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

ピンズ ( ピンバッジ ピンバッチ )」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156135/12550036

この記事へのトラックバック一覧です: ピンズと実感:

« ピンズと輝き | トップページ | ピンズ歴 »