« 二度美味しいピンズ | トップページ | ニュースとピンズ »

2006年11月 4日 (土)

ピンズ先生

今まで、フレンチピンを幾つか紹介してきましたね。

その洗練されたデザイン・高度な造形には驚かされるものも多いです。

パリを中心とするモード界は、長く世界のファッションの中心であり続けています。

私自身、いわゆるブランドの類はあまり重視していませんでした。

しかし、ピンズを通じて改めてその良さを感じる事ができました。

NINA RICCI black face
Pins_nina_ricci_black_faceニナ・リッチは、1932年パリで設立のオートクチュールの名門。以降、香水・バッグ・アクセサリー、そして時計と様々なアイテムを世に送り出してきました。そのデザインには「女性らしさ」が詰め込まれています。このピンズも、金色のリボンで可愛らしさを演出。それでいて、黒の文字盤は大人の女性も感じさせます。華麗かつ、しっかりとした作りは、流石のArthus-Bertrand製。

かつて、私はモノに華麗・繊細であることを求めていませんでした。

見てくれは悪くとも、実用的であればそれだけで良いと。

しかし、ブランド品はまず機能的に優れていること、が根本にあります。

その上で革新的なデザインを付加して、一つの世界を創り上げます。

そこには、造形美と機能美が渾然一体となったモノが誕生します。

ですから、その美しさは人々の心をとらえて離さないのでしょう。

それは、実際のモノを題材にしたピンズから教わったところも大きいです。

ピンズは小さなアイテムですが、本当に色々な事を教えてくれますね、、、

|

« 二度美味しいピンズ | トップページ | ニュースとピンズ »

ピンズ ( ピンバッジ ピンバッチ )」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

ブランド」カテゴリの記事

時計」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156135/12511786

この記事へのトラックバック一覧です: ピンズ先生:

« 二度美味しいピンズ | トップページ | ニュースとピンズ »