« ピンズとブログとMyコレクション (count3) | トップページ | ピンズとブログと2005年 (count1) »

2006年11月21日 (火)

ピンズとブログとホームページ (count2)

このネットが普及している現在、特定ジャンルのピンズHPは数多くあります。

それぞれ特徴があり、ピンズの画像も多くあります。

私自身も、2002W杯ピンズの専門HPを考えていた時期もあります。

しかし、一個一個の紹介については、限界を感じていました。

まず、本当に良いピンズを紹介する場合、細部まで見れる大きな画像が必要です。

しかし、大きなサイズの画像を多数掲載するのは、HPでは容量的にも大変です。

正直、写真やHP構築の手間が大変だと思ったのも事実ですが(^^;

その点、最低一個から紹介するブログであれば、大きな画像も載せられます。

また、多量のピンズについて、個別のストーリーを語るのは、ほぼ無理です。

ですから、大まかに種別毎に並べるだけになりますね。

それでも、内容的に知っている人であれば、専門HPは大変魅力的です。

私も幾つもの専門HPを知っていますが、素晴らしいものが多いです。

当ブログを各専門のジャンルの方が見られると、物足りなく思われるでしょう。

しかし、一般の方が検索か何かで、あるジャンルのピン専門HPを訪問したとします。

恐らくその方から見ると、ピンズの画像が沢山ある、というだけだと思います。

それからインスピレーションを得る場合もあるでしょうが、少数だと思います。

そこにはその後の展開、つまりピンズを集めるという行為には繋がりにくいのです。

最初に見てそこのピンズに興味が無ければ、二度とそのHPを訪れないでしょう。

事実、私が収集を始めた当時、五輪・HRCのHPを見ても何も感じませんでした。

しかし、ブログではピンズに応じた細かい説明が付けられます。

別に今日の記事には興味なくても、違う記事には共感頂けるかもしれないのです。

まず、当ブログをピンズというものの、きっかけにして頂きたい。

その上で、各専門HPを見て頂ければ、ピンズの魅力をご理解頂けるはずです。

PATEK PHILIPPE
Pins_patek_philippeパテック・フィリップは、創業1839年の歴史を誇ります。そして、一度も途絶えることなくマスターピースを作り続ける時計界の最高峰です。時計界では、世界二大高級時計メーカー・三大雲上ブランドの1つとされています。世界で唯一無条件でジュネーヴシールを刻印出来ます。さすがに上品なピンズですね。やはり実物には全く手が届きませんが、、、

|

« ピンズとブログとMyコレクション (count3) | トップページ | ピンズとブログと2005年 (count1) »

ピンズ ( ピンバッジ ピンバッチ )」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

ブランド」カテゴリの記事

時計」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156135/12613651

この記事へのトラックバック一覧です: ピンズとブログとホームページ (count2):

« ピンズとブログとMyコレクション (count3) | トップページ | ピンズとブログと2005年 (count1) »