« 熱狂とピンズ | トップページ | 衝撃のピンズ 米国編 »

2006年11月14日 (火)

衝撃のピンズ 欧州編

ピンズを集めるというのは、とっても人間的な行為であると思います。

1つ1集める度に、感動を少しずつ貰っている様な気がします。

そして手に入らなくてがっかりする事も、次への糧となっているかの様です。

ただ、慣れというものがあって、淡々としてくる傾向は誰にでもあります。

時に、そんな状況を打ち破るが如く、インパクトの強いピンズが出現します。

Lacoste Wear
Pins_lacoste_gsご存知ラコステの服ピンです。最初にこのピンズを見たのは、確かピントレ会だったと思います。コレクター仲間のピンバッグでチラッと見た時は、金ピカ先生のアイテムかと思いました。しかし、よくよく見るとびっくりしましたね。その精緻さと、質感の豊かさには脱帽です。まさに衝撃でした。世(ピンズ界)に聞こえたフレンチピン、そしてArthus-Bertrandの実力を思い知ったピンズでもあります。これがヨーロッパの、いや世界のピンズの実力なんだなと。

それまではある意味、リアルなピンズには一線を引いていた部分がありました。

しかし「本物」を見ると、そういう思いも吹っ飛んだ様な感じです。

ラコステというブランドに対するイメージも変わりましたね。

「本物」を知る事の重要性は、ピンズだけでなく全ての事に当てはまると思います。

ピンズというささやかなアイテムですが、多くの事を私に教えてくれます。

|

« 熱狂とピンズ | トップページ | 衝撃のピンズ 米国編 »

ピンズ ( ピンバッジ ピンバッチ )」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

ブランド」カテゴリの記事

企業」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156135/12612394

この記事へのトラックバック一覧です: 衝撃のピンズ 欧州編:

« 熱狂とピンズ | トップページ | 衝撃のピンズ 米国編 »