« バランスとピンズ | トップページ | ピンズの第一印象 »

2006年10月28日 (土)

ピンズの造形

丸もあれば四角もあり、ピンズの形というものは様々ですね。

特に、ピンズの存在がメジャーなジャンルでは複雑なものも多くあります。

ROLAND GARROS 1998 PHILIPS
Pins_rg_1998_philipsフィリップスのテニス全仏オープンのピンズは以前に紹介しましたね。これはその翌年のピンズです。前年のピンズは、パーツを重ねる事により重厚感を出しています。しかし、これはプレーヤーの繊細な表現に重点を置いています。そして、何より裏に注目です。細い部分にリブ(でっぱり)が付いています。これは、曲げ・折れへの対策です。表から見ただけでは分かりませんが、このリブが大きな役目を果たしています。このリブが無ければ、細い部分は簡単に曲がり、そして折れてしまうでしょう。

多くは、そんなリブが無くても済む様に、極端に細い部分を作りません。

しかし、それではこんな繊細な表現を出来ない場合があります。

たまに線の細いピンズを見つけても、裏リブはほとんどありません。

以前、プーマのすごく小さいピン(豹の形)を手に入れたことがあります。

ピンバッグに入れて持ち歩いていただけで、しっぽの部分がポキッと、、、

素敵なピンズでしたが、裏リブなど無く、強度的に非常に脆かったのです。

確かに、リブ部分が無ければそれだけコストが安くなります。

しかし、ピンズはその機能上、脱着を頻繁に行うのを前提に作って欲しいですよね。

それに裏地の処理も、梨地で非常に美しいですね。さすがArthus-Bertrand製です。

こんな隠れた造形を発見するのも、ピンズコレクションの楽しみです。

しかし、実際にピンズの裏まで見れる機会は中々ありませんよね。

今までのコレクターHPや展示会でも、こういう切口では紹介していませんしね。

私もピントレでホルダーの方に見せて頂いて、フレンチピンの良さを知りました。

今日のピントレでは、どんなピンズに巡りあえるかな、、、

|

« バランスとピンズ | トップページ | ピンズの第一印象 »

スポーツ」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

ピンズ ( ピンバッジ ピンバッチ )」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156135/12444923

この記事へのトラックバック一覧です: ピンズの造形:

« バランスとピンズ | トップページ | ピンズの第一印象 »