« お休みとピンズ | トップページ | ピンズと「中の人」 »

2006年8月16日 (水)

ピンズの由来

ピンズには、当然製作された理由・目的があります。

徽章・販促・記念・商品として、その用途は様々です。

いつ、どこで、どこが、どの様な目的で、もっと言えば数量etc...

ピントレでは、相手に自分のピンズの「由来」を説明する風景をよく見ます。

Konica Snoopy Soccer
Pins_konicaコニカは、1873年に小西六兵衛店として設立。1903年には初の商品名を持つ国産カメラを発売。1940年には国産初のカラーフィルムを販売(後のサクラカラー)。写真の歴史に一時代を築きました。2003年に、ほぼ同業のミノルタを子会社化し、コニカミノルタホールディングスに。しかし、残念ながら、2006年にカメラ・デジカメから撤退しました。

老舗の撤退に、デジカメの普及を契機とする業界再編の厳しさを感じました。

このピンズはコニカ時代に、販促用で製作されたのでしょう。

実際、コニカミノルタの現在でも、スヌーピーをキャラクターとして使用しています。

しかし、それ以外に、年号・商品名などは入っていません。

つまり、社名以外の事はこのピンズから読み取る事は出来ません。

製作当時は、ピンを作るだけで十分意味があり、それで良かったのでしょう。

しかし、少し時間が経過しただけで、その「由来」が曖昧になってしまいます。

社名が変わったりすると、その様なものを気にする人もいないでしょう。

まだ社名が入っているだけ、「コニカが出した」という由来ははっきりしてますが。

この様に、ピンズの世界ではピンズの「由来」が曖昧になる事が結構あります。

更に、「由来」を自分の解釈と想像で、勝手に作る人もいます。

それが広まって、定説化することもよくあったりします。

実際、2000W杯当時でも、かなりいい加減な「由来」を聞かされました。

後に調べてみると、全くのデタラメだったりすることも沢山ありましたね。

ピンズ、特に非売品のピンズにはカタログなんてありません。

ですから、ピンズの「由来」は口伝によるところが大きいのが事実です。

まぁ、そんなところがピンズの面白いところなのでしょうね。

せめて、自分の持っているピンズはきちんと「由来」を知りたいものですね、、、

|

« お休みとピンズ | トップページ | ピンズと「中の人」 »

Jリーグ・サッカー」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

カメラ」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

ピンズ ( ピンバッジ ピンバッチ )」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

企業」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156135/11456146

この記事へのトラックバック一覧です: ピンズの由来:

« お休みとピンズ | トップページ | ピンズと「中の人」 »