« ピンズと個性 | トップページ | コミックとピンズ »

2006年8月 1日 (火)

ピンズのチカラ

少し前に画像を見て、そのデキが素晴らしかったので、手に入れたピンがあります。

Arthus-Bertrand製と、動物がモチーフのピンズということしか分かりませんでした。

Association Nationale des Chasseurs de Grand Gibier
Pins_ancggフランス国立狩猟研究所(ANCGG)のピンズです。狩猟というと、何か残酷なイメージを持たれる方もいらっしゃると思います。しかし、元々は人間が必要な食料調達手段として始まりました。そして、古くより軍隊の調練・王侯貴族のたしなみとしての側面もあります。そして、現代では法律の下、スポーツ・文化として各国で根付いています。

ヨーロッパ、特にフランス人は狩猟が好きみたいです。

狩猟シーズンは秋で、狩猟解禁は日本でいうと「鮎解禁」の感覚らしいです。

まぁ正直、私には狩猟などには、全く縁もゆかりもございませんが。

しかし、このピンズが素晴らしいという事は分かります。

このピンズを見ていると、彼らの狩猟に対する誇りが見て取れます。

狩猟と私達の出来事は、全くの別世界の事の様に感じます。

しかし、譲れないものに対する「誇り」は同じの様な気がしました。

ピンズに投影された、背景や歴史を垣間見るのも、楽しみ方の1つです。

全て理解する事は出来なくても、ある部分では共感できる。

大げさですが、ピンズにはそんな力がある様な気がしました。

|

« ピンズと個性 | トップページ | コミックとピンズ »

スポーツ」カテゴリの記事

ピンズ ( ピンバッジ ピンバッチ )」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156135/11167823

この記事へのトラックバック一覧です: ピンズのチカラ :

« ピンズと個性 | トップページ | コミックとピンズ »