« スポーツイベントとピンズ | トップページ | ピンズと構図 »

2006年8月27日 (日)

ピンズの関係者

非売品のピンズは、入手ルートが限られます。

ノベルティ用のピンズであれば、何とかなりそうなものです。

しかし、配布地域・時期・数量など、色々な障害があります。

配布品でなく、その団体やイベントの徽章などは、もっと難しいです。

私も色々と手を尽くしますが、なかなか入手成功率は低いですね。

一番手っ取り早いのが、ネットオークション。

大概のピンズは、販売・非売に関わらず姿を見せます。

そこでよく目にする文言といえば「関係者から入手しました」。

それは、そのピンズの信憑性を高め、是非手に入れたくなる魔法の言葉。

しかし、この「関係者」なる人は、一体どのような人なのでしょうか?

過去のオークションで、記憶に強く残る取引がありました。

あるイベントのピンズが出品され、「関係者」の文字が躍っていました。

そのピンズは、とある自治体が出したもの。同時に違うグッズも出品されていました。

他のグッズはともかく、ピンズに入札、めでたく落札。

そして、それを受け取った時、ある事実が判明しました。

差し出された封筒、それはそのピンズを出した自治体から投函されたもの。

御丁寧に○○課、と差し出した部署名まで書いてありました。

中に入っていた、「有難うございました」と書かれた便箋も同じくでした。

つまり、そのピンズを出品している人こそ、「関係者」だったのです。

何とも複雑な気持ちになりましたね。それってありなのかと。

本来であれば、そのイベントのPRのため、無償で配布するものですからね。

自分で作ったならともかく、この場合、恐らく製作費は税金かと、、、

その方は、その後も(数年間)そのイベント関連のグッズを出品し続けています。

さすがに、そのピンズを紹介するのは気がひけるので、違うピンズにします。

Pins_ntvメディアピン。日本テレビのピンズです。

これは本物の徽章です。留めはタイタックで、回り止めも4つ爪。さすがに、しっかりとしたつくりです。どうやって手に入れたかですって?そりゃもちろん、「関係者」の方から、、、

|

« スポーツイベントとピンズ | トップページ | ピンズと構図 »

ピンズ ( ピンバッジ ピンバッチ )」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

メディア」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156135/11637689

この記事へのトラックバック一覧です: ピンズの関係者:

« スポーツイベントとピンズ | トップページ | ピンズと構図 »