« ピンズのセンス | トップページ | 外観のピンズ »

2006年7月27日 (木)

思い入れとピンズ

ノベルティのピンズは、小さいながらもその企業の看板と言えます。

ですから、商品に全く興味が無く、ピンズも面白くなければ意味がありません。

自分にとって価値のあるピンズとは、思い入れが深いピンズでしょう。

SONY WALKMAN 20th Anniversary
Pins_sony_20_anvソニーは米のブランド人気調査でも、デル、コカ・コーラ、トヨタなどを押さえて堂々の7年連続一位。そして、ソニーと言えば「ウォークマン」。丁度私が、音楽に興味を持ち始めた頃に販売されました。その衝撃は大きく、私の欲しい商品No1であり続けました。商品への憧れは私の頭の中で、ソニー自体へのブランドイメージとなりました。

現在まで、大まかにテープ→MD→MS/FM→HDと大きく様変わりしました。

しかし、「ウォークマン」というコンセプトは一貫しています。

このピンズは、看板商品を、「ピンズ」という小さな看板にしています。

裏にも、"MADE IN JAPAN" "SONY 1999.7.1"との刻印が誇らしげです。

もう20年以上も経つのか、と懐かしさと、少しの寂しさも覚えます。

思えば、好きな商品・思い出を全て、しかも全て手元に置いておくのは無理な話。

しかし、ピンズという形であればそれが可能です。

音楽を大きなオーディオセットから、街中へ連れていったウォークマン。

ピンズとウォークマンの、意外な共通点に気づきました。

|

« ピンズのセンス | トップページ | 外観のピンズ »

ピンズ ( ピンバッジ ピンバッチ )」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

企業」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156135/11121248

この記事へのトラックバック一覧です: 思い入れとピンズ:

« ピンズのセンス | トップページ | 外観のピンズ »