« 原点とピンズ | トップページ | アイドルとピンズ »

2006年6月14日 (水)

文具のピンズ

書く事、それは人間特有の意思表示方法です。

それ自体が、文化であり、文明です。

古来、中国・日本では「書道」として、芸術の域にまで高められています。

そして、それに用いる文具、筆・墨・硯等も、素晴らしい文化と言えます。

西洋では、また違った形で発展してきました。

その道具の代表格が、1800年代後半に普及した万年筆です。

万年筆は低筆圧での記述が可能で、長期の使用に耐えます。

更に、使用者の癖によりペン先が馴染んでくるなど、非常に味のあるものです。

しかし、インク補充・メンテナンスが頻繁であるという実用的短所もあります。

1960年代までは、公文書等、記録用筆記具の主流でした。

しかし、70年代から、より手間要らずで安価なボールペンに代わられました。

現在、万年筆はその書き味・装飾性が見直されて、復権しつつあります。

何か、クオーツと機械式時計の図式に似ていますね。

私も是非、一生の友と呼べるような万年筆を手に入れたいものですね、、、

S.T. Dupont STYLO
Pins_st_dupontSTデュポンは、1872年フランスで高級皮革製品のメーカーとして設立。第二次世界大戦中の革不足から、金属製のライターの製造を始めました。そして、ライターで高級素材を駆使した技術を生かして、万年筆も製造。

胴軸はロレックスのオイスターケース同様、金属の塊から製作。

また、金属に漆を塗る技術はS.T.デュポン独自のものです。

S.T.デュポンは、この様な高級実用品で、一流ブランドと評価されています。

しかし、このピンを見ると、フレンチピンのレベルの高さを再認識できます。

万年筆最高峰のMONTBLANC(モンブラン)も、素晴らしいピンズを出しています。

日本の万年筆も、セーラー・パイロット等、かなり高いレベルにあるのになぁ~。

良い商品ほど、良いピンズになる、、、日本には”ピンズの素”が沢山あります。

|

« 原点とピンズ | トップページ | アイドルとピンズ »

ピンズ ( ピンバッジ ピンバッチ )」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

ブランド」カテゴリの記事

企業」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156135/10432465

この記事へのトラックバック一覧です: 文具のピンズ:

« 原点とピンズ | トップページ | アイドルとピンズ »