« CMとピンズ | トップページ | 時流とピンズ »

2006年5月13日 (土)

ピンズと象徴

いよいよワールドカップが近づいてきました。

先日のキリンカップのブルガリア戦、、、

いわゆる、仮想クロアチア代表とも言われましたね。

しかし、負けましたね、ブルガリアに。クロアチアは、もっと強いよなぁ、、、

今日のスコットランド戦は、W杯に希望を持たせる内容であって欲しいです。

気を取り直しまして、ピンズの話です。

ワールドカップの象徴というと優勝トロフィー。現在のトロフィーは3代目。

初代は「ジュール・リメ・トロフィー」というトロフィーでした。

ブラジルが1970年に3度目の優勝を期に、ブラジルに永久保存されることに。

しかし、盗難されてしまって、いまだ見つかっていません。

2代目(18金)は、1974~2002年大会まで使用されました。

今大会より、デザインはほぼ一緒ですが、純金製のトロフィーになりました。

そんな変遷をたどったトロフィーですが、ピンズのモチーフにはぴったりです。

まさに、ワールドカップのプレーを象徴するピンズです。

しかし、ワールドカップには、もう1つの象徴があるような気がします。

1998 FIFA WORLD CUP TROPHY & ALL SPONSOR
Pins1998taspサッカー競技という意味での象徴はトロフィー。しかし、世界最大級のイベントを支えるコマーシャリズムの象徴はスポンサーでしょう。1998年当時のオフィシャルパートナーのロゴが、トロフィーの横に。まさに、世界最高のプレーとコマーシャリズムという、W杯の2面性を表しているピンズだと思います。私が持っている中で最も「ワールドカップらしい」ピンズですね。優勝国が持ち帰るのはレプリカだそうです。

いつか(出来れば今大会)、日本に持ち帰って欲しいものですね。

|

« CMとピンズ | トップページ | 時流とピンズ »

FIFAワールドカップ」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

ピンズ ( ピンバッジ ピンバッチ )」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156135/10036061

この記事へのトラックバック一覧です: ピンズと象徴:

« CMとピンズ | トップページ | 時流とピンズ »