« 世界の道具とピンズ No,7 | トップページ | 待ちピンズ来ず、、、 »

2006年4月14日 (金)

世界の道具とピンズ No,8

昨日まで世界のスポーツメーカー7社のピンズを紹介してきました。

それぞれ世界戦略を駆使したビッグネームです。

しかし、世界には特定の地域で根付いているメーカーも数多くあります。

そんなメーカーのピンズを発見するのもそれはそれで面白いです。

1988 SEOUL OLYMPIC PRO-SPECS
Pinsprospecsソウルオリンピックの大会マスコットの虎(ホドリ)が何やら持っています。そう、韓国最大の総合スポーツ用品メーカー、プロスペックスのシューズです。プロスペックスは1941年ゴム靴の製作会社が起源。その後、海外のビッグメーカーの下請けとしてノウハウを蓄積。1981年にプロスペックスとして自社ブランドを立ち上げました。86年頃より海外進出ということで、ソウルオリンピックはまさにその時期にあたります。

ネットで検索すると、実に様々なジャンルのスポーツ用品を作っていますね。

サッカー関係がメインみたいですが、テコンドーシューズなんていうのも。

お国柄が感じられると共に、ピンズは世界の共通語だとも感じました。

|

« 世界の道具とピンズ No,7 | トップページ | 待ちピンズ来ず、、、 »

オリンピック」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

ピンズ ( ピンバッジ ピンバッチ )」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

ブランド」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156135/9581832

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の道具とピンズ No,8:

« 世界の道具とピンズ No,7 | トップページ | 待ちピンズ来ず、、、 »