« 電車とピンズ | トップページ | 目玉のピンズ予想 »

2006年1月 1日 (日)

ピンズコレクターとは

明けましておめでとうございます。

今日は再び原点にもどりまして、、、

一、自分をピンズのコレクターと思っている事。

以上、これだけがピンズコレクターの定義だと思います。

そしてコレクターに上下はありません。

ハードコレクターであっても、初心者であってもです。

なぜなら、ピンズのコレクションには完璧というのはありません。

他人と競争するのではなく、いかに自分が満足出来るかです。

しかし、そのために勉強は必要だと思います。

ピンズの知識を持つことはコレクションに役立ちます。

どの様なピンズを持っているのかを分かることは大切です。

特にトレード(オークションでも)で必要になります。

そしてピンズのコレクションに終わりもまたありません。

持っている限りはINGなんです。

折角の「趣味」なんですから、楽しみ尽くさなと損ですからね。

私はこのピンズを入手した時、新たな分野に挑戦することを決めました。

時計のピンズ

International Watch Company(IWC) Grande Complication
IWCgc元来時計自体も好きです。IWC自体も大好きでしたが、素晴らしい出来に一発で圧倒されました。ピンズメーカーのArthus-Bertrandも、このピンで意識しました。今後も、新たなピンズとの出会いで感動の一瞬を味わいたいと思います。

|

« 電車とピンズ | トップページ | 目玉のピンズ予想 »

ピンズ ( ピンバッジ ピンバッチ )」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

時計」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156135/7932184

この記事へのトラックバック一覧です: ピンズコレクターとは:

« 電車とピンズ | トップページ | 目玉のピンズ予想 »