2020年7月24日 (金)

2020年東京オリンピック パラリンピック開催決定・2026年札幌オリンピック招致 <特設記事> 

当ブログでは来たる2020年の東京オリンピック・パラリンピックを全力応援します。

私はピンコレクターであり、五輪は世界最大のピンズの祭典でもあります。

実際、ピンズのブームは五輪を契機に世界的に広まっていった歴史があります。

私自身五輪のピンズから様々なことを教えられ、沢山の友人も出来ました。

そして私自身東京の日本橋地区の生まれで現在も居を構えています。

今度は私が五輪を通じてピンズの魅力を皆様にお伝えしていこうと思います。

2020_tokyo_olympic_paralympic_7



(izaブログ終了につき exciteに移転)
オリンピックのピンズ(ピンバッジ ピンバッチについて)の種類
http://pinsmaster.exblog.jp/21006250/
そしてオリンピックがピントレードの原点であるということについて
http://pinsmaster.exblog.jp/21006249/

過去に紹介した当ブログのオリンピック関連の記事
http://pinsmaster.cocolog-nifty.com/pinsmaster/cat6470954/index.html

最も注目されるのは今現在、もしくは将来開催される大会のピンズでしょう。
それが自国開催のものとなればそれだけに目が行きがちになります。
但しそれらは過去から続く各大会の積み重ねの延長線上にあります。
そしてそれら全てを含めてのピンズ文化だと思います。

何よりそれぞれの時代を映しているし、奥が深いし面白いです。
今から2020年の東京五輪開催までそれらを含めてじっくり堪能できると思います。

これを機にピンズに興味を持ってくれる方が増えてくれれば、、、それが願いです!

TOKYO PIN CLUB 本格的稼動開始!。

TKY
  22 

さらに、、、2026年札幌オリンピック招致活動表明!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月27日 (土)

協会のピンズ

今回のリオデジャネイロオリンピックではかなり夜更かしをしてしまいました。

特に日本選手の活躍には胸を熱くさせられて眠気も吹っ飛ぶ試合の連続でした。

レスリング、女子バドミントンダブルス、男子体操団体等々、、、

もうダメだと見ている私が諦めかけたそんな崖っぷちからの大逆転を目撃しました。

あきらめないことの大切さ、これを教えてくれたオリンピアンに感謝しています。

ウェイトリフティング女子48kg級の三宅宏美選手の競技にも感動させられました。

日本における重量挙の歴史は1936年の第1回全日本選手権大会にまで遡ります。

第二次世界大戦を経て今の日本ウェイトリフティング協会(JWA)が発足しました。

1964年の東京オリンピックでは三宅義信選手が金メダルを獲得、メキシコで2連覇。

義信選手の弟である三宅義行選手もメキシコシティオリンピックで銅メダルを獲得。

その義信選手の娘が三宅宏美選手で、まさに日本重量挙界のサラブレッドです。

三宅宏実選手は前回2012のロンドンオリンピックで銀メダルを獲得しました。

これは日本女子重量挙げ史上初にして日本五輪史上初の父娘メダル獲得でした。

しかし三宅宏実選手は近年故障続きで成績も低迷、不安のある中での出場でした。

しかもリオ五輪の直前に腰痛が悪化し、痛み止めの注射を打ちながらの競技…

世界最高峰での舞台ではあまりにも厳しい状況でスナッチはギリギリでの成功。

しかし8位と出遅れ、ジャークでも最後の最後に大逆転で銅メダルを獲得しました。

競技後に手を挙げて飛び跳ね、ディスクを愛おしそうに撫でていましたね。

不調に悩みつつも周囲からのメダルの期待に応えられた嬉しさで一杯でした。

Japan Weightlifting Association
Pins_japan_weightlifting_associatioこれは日本ウェイトリフティング協会のピンズです。バーベルをモチーフにしていますが、恐らくはディスクとバーで日の丸を表現しているのではないでしょうか。シンプルながらも非常に秀逸なデザインです。

昨日リオから届いたもので、この様な競技協会のピンズもよくトレードされています。

特に今回の三宅選手の競技が印象深かったので手に入れられて嬉しいです。

今後はこういった競技協会のピンズがもっと注目されてくる様な気がしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月24日 (水)

叶ったピンズ

今回のオリンピックで日本は過去最多の41個にも上るメダルを獲得しました。

願いが叶った人、メダルに届かなかったり色が違ったりして叶わなかった人…

もちろん競技に参加するだけで一般人の私からすると夢の様な世界です。

ともかく五輪参加選手にはそれぞれに目標と願いがあり、一括りにはできません。

叶わなかった人たちの願いが次の東京では結実して欲しいものです。

私としての五輪での願いは日本選手を応援し、世界レベルの競技を堪能する。

ここまでは一般の人と同じですが、良いピンズと巡り合う!これも大事です。

ただ現地に行けるのであればともかく、ネットで集めるだけだと味気ありません。

人気の分野やデザインの好みなど楽しみ方はありますが思い出が一番です。

2016 Rio de Janeiro OLYMPIC Nippon Cultural Broadcasting Inc.
Pins_2016_rio_olympic_bunka_hoso文化放送ではリオオリンピックにあたり「リオで叶えろ!」という特別編成での報道をしてきました。現地派遣のスタッフさんのブログでは閉会式の記事と共にネックストラップに着けられた数多くのピンズが…手持ちの文化放送ピンと交換で多くの思い出ピンを手に入れられたようです。文化放送ピンとはアテネ五輪以来のお付き合いですが、毎回デザインがよく考えられていて楽しいです。今回は日本選手への応援メッセージ投稿で紹介されるとピンズのプレゼントという企画がありました。私もダメ元で応援メッセージを投稿したところ…見事採用されピンズが届きました。

今回は局のキャラクター「キューイチロー」がしっかりセンターポジションです。

リオ最大の名所「コルコバードのキリスト像」と同じポーズで2ショットですね!

これは私にとってリオデジャネイロオリンピックの一番の思い出になりました。

このピンズを手にしその時が私の「リオでの願いが叶った」瞬間だったのでしょう。

次の東京はまだ先の話ですが、地元開催ということもあり色々とあるでしょう。

なるべく多くの人と出会い、そして多くのピンズと思い出を手に入れたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月23日 (火)

ピンズの需給関係

感動のリオデジャネイロオリンピックも閉会式を終えて終幕となりました。

9月からはパラリンピックが始まるのでそちらもまた楽しみにしています。

ところで今回のオリンピックではピンズ関連の報道が多かったように感じました。

治安の関係から市中のトレードが難しいかなと思い動向に注目していました。

従来のオリンピックではどちらかというとそういった一般の動きが主体でしたね。

今回特に多かったのは出場選手や関係者のピンズ収集についての報道でした。

体操の内村/加藤/白井選手やゴルフの野村選手、カンボジアの猫ひろし選手etc.

女子レスリング栄チームリーダーのネックストラップにもBooBoピンが!(笑)

世界中の名だたるアスリート達も楽しそうにピンズを沢山身に着けていましたね。

そして相変わらずボランティアやメディアのピントレードも盛んだったようで…

某他国メディアはピカチュウピンが欲しいとテレ東ブース前に居座ったとか(笑)

次点はテレ朝のドラえもんピンとのことで、ポケモンにドラ…キャラ人気凄いです!

元々オリンピックでのピントレは選手や関係者の間で発生し広まりました。

80年代からは個人のトレーダーも参加するようになり五輪の風物詩となりました。

しかし、まだ日本においてはその認知度は低いと言わざるを得ません。

この様にピンズが多く報道、注目されるのは本来歓迎のはずなのですが…

2016 Rio de Janeiro OLYMPIC FUJI TELEVISION
Pins_2016_rio_olympic_fuji_tv今回のリオデジャネイロオリンピックでフジテレビが製作したピンズです。アマゾンをテーマとしたデザインで現地のスタジオセットとも統一感を持たせたそうです。そしてこの手のピンズでは珍しく、裏面に製作数の記載のみならず通し番号が刻印されています。ピンコレクターにとって、これはちょっと嬉しいですね。この数字によりこのピンズが唯一無二の存在となるからです。しかし、最近の東京オリンピックピンの動向を見ると喜んでばかりはいられません。今回のこのフジテレビピンの製作数は2016個ですね。この様に開催年にちなんだ製作数はよくあります。

東京オリンピック・パラリンピックのマーケティングは既に始まっていています。

東京五輪の公式販売ピンはネットで即完売、2か月経ってやっと落ち着きました。

様々なイベントで大量に配布されているオリパラエンブレムピンも引く手あまたです。

他の公式ピンも出始めていますが、それらは数の割に非常に入手しにくいです。

2020年に向けてピンズに対する注目度は上がっていくことは間違いありません。

そして開催直前から終了直後にかけてはとてつもないブームになっているはずです。

特に日本人はこういう収集物が好きであり、現時点での動きを見ても明確です。

今までは2000個を超える製作数であればピンズとしては「多いな」という部類です。

しかし、2020年を迎えたら果たしてこの様なピンズを手に入れられているでしょうか。

製作数が一気に十倍、百倍となれば話は別でしょうが、まずはそうならないでしょう。

ピンズの需給関係というのはかなり微妙なものでコントロールしづらいのです。

ピンズがブームになって欲しい、しかし度が過ぎると自分の手に入らない…

これはピンコレクターにとっての永遠のジレンマと言えるのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月19日 (金)

凄ワザとピンズ

連日の日本選手の活躍に夜更かしされている方も多いのではないでしょうか。

オリンピックは開催前には多かれ少なかれ色々な問題が表面化するものです。

今回も開催地リオデジャネイロの治安の悪さが再三報じられてきました。

しかし開催されると多くの熱戦にそういったネガティブ面はかなり打ち消されます。

やはりスポーツという世界共通語は古代より人を魅了してやみません。

もちろん選手がメインですが、運営には世界中の様々な方の努力があります。

男子団体銀、女子団体銅のメダルを獲得した卓球も日本国中を感動させました。

また今大会で使用された卓球台が素晴らしく美しいデザインだと話題になりました。

160818tbltnns001それこそ「メイドイン・ジャパン」で匠の技術が結集した傑作台「インフィニティ」、、、製作メーカーは千葉県の三英です。

規定でミリ単位の精度が要求される台を100%木製での製作に成功しました。

湿度や温度の違いによる変形という問題もクリアしているというから驚きです。

脚部は高級家具を製作する天童木工との協業で初めて実現できたそうです。

そしてソニーのウォークマンを手掛けた澄川伸一氏がデザインを担当。

素材も脚部には東日本大震災の被災地宮古市のブナ材を利用しています。

つまり性能、機能美、復興への願いを兼備した究極の台となったのです。

世界一の晴れ舞台に相応しいまさに凄ワザの結晶というべき逸品です。

三英 50周年記念 Q-Pin
Pins_sanei_50th_annivその三英が会社設立50周年を迎えた2012年に記念品として製作したのがこのピンズです。何故キューピーの形なのか…は詳しく知りませんが、誰もが知るそのキャラクターのピンズは色々な方の興味をそそったことは想像に難くありません。これからも究極の製品、そしてピンズを世にリリースしていって頂きたいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2016年8月 2日 (火)

フィットネスとピンズ

先月上旬に大森を歩いていて、あるビルの2Fの窓広告にふと目がいきました。

そこには「女性だけの30分健康体操教室 無料体験予約受付中」と書いてあります。

最近運動不足で何かやろうかなと思っていましたが、女性だけか…と思った私。

その時は縁がないと思っていましたが、つい先日ピンズでつながりができました。

Curves Pink Ribbon
Pins_curves_pink_ribbonそう、その窓広告のあった場所はフィットネスクラブ「カーブス」だったのです。日本全国に展開していて店舗数は1600を超え、会員数73万人とかなりの規模ですね。スタッフも会員も全て女性という男子禁制のため女性が気兼ねなく利用できるそうです。

女性にターゲットを絞っているということで…やはりピンクリボンピンでしょう。

こうして見事にピンズがまた1つ増えました、、、体重は減らしたいですけどねぇ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 1日 (月)

ボディケアのピンズ

皆さんは日頃ボディケアを試されていらっしゃいますでしょうか。

英語で言うとボディケアですが、体や足ツボのマッサージの類のことです。

若い頃はマッサージなど受けなくても問題なく、足ツボなんて痛いだけでした。

それが今では首、肩、腰、膝などの痛みが不定期に起こり、内臓もお疲れです。

ですからスパ後などはかなりの確率で体や足ツボのマッサージを受けています。

Raffine × Hello Kitty
Pins_raffine_hello_kittyラフィネは商業施設や駅構内、空港などでボディケアやリフレクソロジーといったリラクゼーションサービスを提供していて店舗数は日本全国430店舗にも及びます。これはラフィネ創業の10周年である2009年にハローキティとコラボした際に製作されたピンズです。キティがセラピストさんの制服を着ています。頭の飾りはラフィネのマークにある花柄です。

南仏プロヴァンスをイメージした店舗づくりで女性専用かと思っていました。

調べてみると男性客の施術もOKのようなので一度利用してみようかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月27日 (水)

ピンズをさがせ!

ピンコレクターの皆様方は日頃、ピンズを見つけるのに苦労されていると思います。

それでもインターネットの普及でオークションや検索で数多く見つけられます。

但し、リアルタイムにピンズの販売、配布状況を把握するのはかなり困難です。

折角検索で見つけても既に配布、販売終了…ということが非常に多いのです。

インターネットは非常に広範囲の情報を収集できるというのが強みです。

裏を返すとタイムリーな情報を抽出するというのはかなり難しい作業です。

ピンズの情報をリアルタイムで見つけて入手できるというのは運も必要ですね。

Jonathan's ウォーリーたちよ、集まれ!
Pins_jonathan_wheres_wallyファミリーレストランチェーンのジョナサンでは6月30日~8月21日まで「ジョナサン×ウォーリーをさがせ!Happyスマイルキャンペーン」を展開中で、「ウォーリーをさがせ!」との様々なコラボ企画を行っています。これは7/19に川崎チネチッタ通り店でウォーリーのコスプレで来店した客に先着で配布されたピンズです。

当日のみで配布は終了し、以降は手に入らないという探し甲斐のあるピンズです。

このピンズの情報を探す方がウォーリーを探すより難しいのでは…(笑)

私自身ジョナサンはファミレスの中では最も利用してきたお店だけに嬉しいです。

こういったピンズを探して手に入れて…そしてまた次のピンズを探すのです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 6日 (月)

エアレースとピンズ

皆さんはレッドブル・エアレース・ワールドシリーズをご存知でしょうか。

単発プロペラ・固定脚のレシプロ機のタイムレースで世界を転戦しています。

「空のF1」とも呼ばれ、高い技量、体力、精神力を要求されます。

日本人パイロットとしては室屋義秀選手が2009年よりフル参戦しています。

そしてついに6/5に行われた千葉大会で室屋選手が初優勝を果たしました。

これは日本人がF1やゴルフ、テニスの4大大会単の優勝するに匹敵する快挙です。

BREITLING "Mudry CAP 231 / CAP 231EX"
Pins_breitling_cap_231_cap_231exブライトリングはスポーツ時計の中でも特にパイロットウォッチで有名なブランドです。エアレースでも大会オフィシャルタイマーであると共にチームを結成しレースに参戦しています。室屋選手へもテクニカル・チーム・サプライヤーとして支援しています。

上の2つはブライトリングのエアチームがかつて使用していた機体のピンズです。

私がエアレースに興味を持ったのはこのピンズを入手したことがきっかけでした。

RED BULL AIR RACE "Team Hamilton"
Pins_team_hamilton_red_bull_air_racまた、ブライトリングの向こうを張って同じくスイスの時計メーカーであるハミルトンもニコラス・イワノフのメインスポンサーとしてレースに参戦しています。レースでもブライトリングとハミルトンの一騎打ちは見ていてワクワクしますね。今回、イワノフ選手は体調不良で棄権でしたが次戦以降に期待です。こちらも機体のピンズですが、文字盤が描かれているオレンジの機体は素敵です。

室屋選手のより一層の活躍と日本でのエアレースの認知度アップを願うと共に…

当然、色々なピンズを世に送り出してくれることを願って止みません!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 5日 (日)

すべらないピンズ

最近テレビを見る時間というのが非常に短くなってきています。

ネットの発達や仕事時間との兼ね合いで以前より疎遠になったのでしょう。

ただ、これだけは是非見ておきたいという番組はいくつかあります。

お笑い系は特に少ないのですが「人志松本のすべらない話」は面白いです。

今では特番で不定期の放送ですが、放送予定があると楽しみにしています。

芸人さんが実体験(という前提)を独自の視点と口調で披露していく番組です。

ただ話をするだけなら今までにもありそうですが、少しの工夫で笑いは増幅します。

サイコロで話す人を決めるという形式もスリリングでワクワクしますね。

また、芸人さんごとに話に「いかにも」という特徴が感じられるのも面白いです。

どこまで色を付けているかは分かりませんが、確かに「すべらない」番組です。

文化服装学院 91st Anniversary Hello Kitty
Pins_bunka_fashion_college_kitty_91文化服装学院は渋谷区代々木にある服飾学校です。1923年(大正12年)に服装教育の学校として東京府から認可されたという歴史ある学校です。

卒業生にはコシノジュンコ、コシノヒロコ、高田健三、山本耀司氏等々、、、

ファッション界をはじめ錚々たる著名人を世に多く輩出している実績校です。

90周年、91周年には文化祭でキティコラボのピンズが販売されました。

これは91周年バージョンのセットですが、服飾学校らしいピンズです。

それにしてもキティコラボとはなかなか目の付けどころが良いですね…

キティとコラボをしているピンズは数あれど「すべった」ピンズは記憶にありません。

やはりキティはピンズ界の「すべらない女王」に認定しなければいけませんね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ピンズと視認性