2020年7月24日 (金)

2020年東京オリンピック パラリンピック開催決定・2026年札幌オリンピック招致 <特設記事> 

当ブログでは来たる2020年の東京オリンピック・パラリンピックを全力応援します。

私はピンコレクターであり、五輪は世界最大のピンズの祭典でもあります。

実際、ピンズのブームは五輪を契機に世界的に広まっていった歴史があります。

私自身五輪のピンズから様々なことを教えられ、沢山の友人も出来ました。

そして私自身東京の日本橋地区の生まれで現在も居を構えています。

今度は私が五輪を通じてピンズの魅力を皆様にお伝えしていこうと思います。

2020_tokyo_olympic_paralympic_7



(izaブログ終了につき exciteに移転)
オリンピックのピンズ(ピンバッジ ピンバッチについて)の種類
http://pinsmaster.exblog.jp/21006250/
そしてオリンピックがピントレードの原点であるということについて
http://pinsmaster.exblog.jp/21006249/

過去に紹介した当ブログのオリンピック関連の記事
http://pinsmaster.cocolog-nifty.com/pinsmaster/cat6470954/index.html

最も注目されるのは今現在、もしくは将来開催される大会のピンズでしょう。
それが自国開催のものとなればそれだけに目が行きがちになります。
但しそれらは過去から続く各大会の積み重ねの延長線上にあります。
そしてそれら全てを含めてのピンズ文化だと思います。

何よりそれぞれの時代を映しているし、奥が深いし面白いです。
今から2020年の東京五輪開催までそれらを含めてじっくり堪能できると思います。

これを機にピンズに興味を持ってくれる方が増えてくれれば、、、それが願いです!

TOKYO PIN CLUB 本格的稼動開始!。

TKY
  22 

さらに、、、2026年札幌オリンピック招致活動表明!

2025年万国博覧会の大阪招致構想」も応援しています!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

ピンズと活力

ピンズは実に様々なPR活動に使用されています。

一企業から世界的なイベントやプロモーションにまで幅広く使われます。

今現在日本中でよく見かけるのが2020年のオリパラのピンズです。

五輪の舵を取る小池東京都知事の襟元にはいつもピンズが光っています。

ただ、オリンピック・パラリンピック巡っては良い報道ばかりではありません。

開催会場などの関係で膨らむ予算などは都民としても頭の痛い問題です。

しかし、五輪は経済的に起爆剤となることは間違いありません。

何より世界最大のスポーツの祭典を目の当たりに出来るのは素晴らしいことです。

きっと東京、そして日本に大いなる感動と活力を与えてくれるでしょう。

また、東京だけではなく大阪も世界的イベントに向けて動き出しています。

2025年の大阪万博の開催を目指して大阪観光局が招致を進めています。

大阪観光局は大阪の楽しさ、活力といった魅力を世界に広める活動機関です。

Pins_osaka_tourism_bureau大阪観光局のロゴは大阪城をモチーフに、バックの光は輝き太閤秀吉を想起させるイメージによって「歴史・文化あふれる大阪」を表しています。カラーは輝く日の出の金色をメイン、水都大阪を象徴する青色をサブとする2色構成です。

招致中の大阪万博のテーマは「人類の健康・長寿への挑戦」ということです。

万博といえば2005年の愛・地球博ではピンズが多いに活用されました。

2020年の東京オリンピック・パラリンピック、2025年の大阪万博、、、

この2大イベントとそこで展開されるピンズで日本に大いなる活力を与えて下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

2017ピンバッジコレクションNAGANOのピンズ

早いものでピンバッジコレクションNAGANOから1週間が経ちます。

長野のピントレですから主役はやはりオリンピックのピンズになります。

ただ長野五輪はもう20年ほど前、東京オリパラにはあと3年半あります。

長野五輪のピンズは落ち着いていて、東京はこれからという感じです。

かと言って去年のリオ五輪ピンも皆さんほぼ終息しているみたいです。

そんな時にはマルチジャンルの私は何でもアリなので都合はいいですね。

第13回長野車いすマラソン大会
Pins_13th_nagano_wheelchair_maratoh今年で13回を数える長野車いすマラソン大会(7・9回は中止)。4月の開催を前に大会のピンズがピンコレ会場で販売されていました。2個セットのうち片方の図柄は長野県のキャラクター「アルクマ」です。

車いすマラソンのピンズが出るというのは流石パラリンピック開催地ですね。

他にも新アルクマピンが幾つか出ていたのでまとめて購入しました。

第72会国民体育大会冬季大会 ながの銀嶺国体 参加章
Pins_2017_nagano_national_athletic_そして今年は「ながの銀嶺国体」が開催されるので駅などの垂れ幕やポスターなどでもアルクマくんは大活躍です。もはや「長野アルク祭り」といった様相を呈しています。こういったアルクマピンの様にイベント特有の楽しみがあるのはいいですよね。もちろんピントレードの方も順調で、色々なジャンルのピンズを50ピン以上手に入れるというなかなかのピン果がありました。

ちなみにこちらで一部アルクマピンが買えます、、、

主催の方々、ご来場・トレードして頂いた方々有難うございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

黎明期のピンズ

私が持っているピンズですが古いものでも1964年の東京五輪からになります。

徽章や記念品のバッジ類はもちろんそれよりかなり前から存在しています。

しかし現在のコレクティブピンの主流であるピンズはそれらとは一線を画します。

やはりメッセージ性をいかに前面に打ち出して表現するかが私の集めるピンズです。

今日はそういったコレクティブピンの黎明期の一品をご紹介します。

1972 SAPPORO OLYMPIC "SEIKO bear Ski jumping"
Pins_1972_sapporo_olympic_seiko_beaこちらは1972年の札幌オリンピックで公式時計を務めたセイコーのピンズです。この時代ですから裏は短針の挿しピンとなっています。スキージャンプをするクマさんはまだ五輪マスコットの無い時代なのでセイコーが考えた独自キャラでしょう。熊さんのマフラーに"SEIKO"の文字が入り、左手首には時計をしっかり着けています。

技法も発達し色彩豊かな現在のピンズと比べると非常にシンプルです。

ここまでシンプルなピンズとなると手持ちのピンズの中でも指折りですね。

それでいながら質感の表現が上手く、デザイン的センスの良さも感じます。

五輪ピンのブームの火付け役となった大会は1980年レークプラシッド五輪でした。

更に1984年のロサンゼルス五輪で人気が爆発しますが、それ以前のピンズです。

世界的ピンコレクションの原点となった五輪ピンの黎明期の見本と言えます。

古きを知り新しきを知る。これはピンズの世界においても言えることなんですね。

さて、日本におけるピンブームの火付け役となったのは1998年の長野五輪でした。

もう日付は今日ですがピンバッジコレクション長野へ本年も参加します。

今年もどんなピンズに出会えるのか、、、本当に楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月10日 (金)

姉妹都市のピンズ

ピンズは人と人とを結びつけるコミュニケーションツールでもあります。

ピントレードは個人間の繋がりを生み、やがて深い絆になる場合もあります。

時に個人間だけではなく、国や都市単位での友好に使用される場合もあります。

KYOTO - FLORENCE 50th ANNIVERSARY
Pins_kyoto_florence_50th_anniv京都とイタリアのフィレンツェは1964年に姉妹都市提携しました。これはその締結50周年を記念したピンズです。日本の古都京都とルネサンス発祥の花の都フィレンツェ、、、まさに伝統と格式を誇る両者は非常にお似合いの都市であるといえるでしょう。

ピンズにもそんな両都市の代表的な名所が重なるように描かれています。

このピンズという小さいアイテムが大きな絆の証となっているのですね!

これからもこういった友好や絆の証としてピンズは使われ続けるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

〇△年越しのピンズ

ピンズはまさに星の数ほど存在し、それら全て手に入れることなど出来ません。

五輪もそうですが、万博にディズニーやハードロックカフェなどのメジャー分野。

それにキャラクター、販促やブランド、啓発も…とジャンルだけでも多岐に渡ります。

様々な分野で毎日の様にピンズがリリースされていくのですからそれは大変です。

あふれる様に出てくるピンズを手で受け止めようとしてもこぼれるばかりです。

私自身ピン歴はまだ15年ですが、どうしても欲しいピンズは数百ではききません。

最初から全てを集めるのは無理と知っていても、そこはコレクターの性ですね。

どれだけ時間がかかろうが探し続け、チャンスを狙っている自分に気付くのです。

Disney Ambassador Hotel Christmas Party 2000 (moss green) 
Pins_disney_ambassador_hotel_2000_c東京ディズニーランドの公式ディズニーホテルであるアンバサダーホテル。2000年の7月に開業しました。これはモスグリーンですが、ブルーの色違いもあります。ブルーは2000年のクリスマス時期にレストランで食事をする度にもらえるピンズを5ケ集めるともらえたボーナスピンです。対してこのグリーンはクリスマスイベントで配布されたものです。ブルーを手に入れたのはピンコレクションを始めてまだ間もない時期でかなり影響を受けました。

この金色のポーターミッキーでディズニーピンにハマったと言っていいでしょう。

大きさもギリギリこの大きさまでだよな!と思える程にバランスの良いピンズです。

色違いを知って以来欲しかったのですがこの緑を手に入れたのはつい先日です。

そんなに難しいピンズではありませんし、手に入れる機会はあったんですけどね…

それでも知ってからですとほぼ15年越しのピンズ、ということになりますね。

〇△年越しのピンズは数多ありますが是非ともご縁があるよう祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 3日 (金)

ピンズはいいねぇ。

ピンズは公私を問わず実に広範な分野で使用されています。

以前は五輪などの大会、お土産、企業のノベルティで作られていました。

最近は特に官公庁、都道府県、市町村といった公のピンズが多いですね。

様々な運動、地域活性のプロモーションなどに多く使用されています。

特にゆるキャラブームが起きてからは公のキャラクターが乱立しています。

それとはちょっと一線を画するキャラクターの起用をしている例もあります。

静岡市 「静岡市はいいねぇ。」 さくらももこ
Pins_shizuoka_city_sakura_momoko_1「さくらももこさん」は漫画「ちびまる子ちゃん」で有名です。ご自身が出身の静岡県清水市(現静岡市清水区)を舞台にしたテレビアニメで現在も放映中です。

1990年開始で1997年には主題歌がレコ大を受賞するなど一大ブームとなりました。

Pins_shizuoka_city_sakura_momoko_2そして時は平成20年。静岡市は首都圏で「静岡市はいいねぇ。」のキャンペーンを実施。そして「さくらももこさん」を起用し、市のシティプロモーション用としてオリジナルイラストが作成されました。

ピンズも最近製作され「さくらももこさん」のオリジナルイラストが用いられています。

以前にブログで旅先ピントレ入手の三保松原バージョン をご紹介しましたね。

今回ご紹介するのはそのシリーズの4つのピンズです。

上の2つが日本平からの富士山と南アルプス(荒川岳のお花畑と赤石岳)ver.です。

下の2つは日本平からの富士山の別バージョンと顔アップバージョンです。

イラストピンは他にもあれど、さくらももこさんの絵には独特の雰囲気があります。

こうやって見ていると本当にイラストの女の子が楽しそうで静岡に行きたくなります。

ピンズはこういうメッセージを伝えるのに本当に向いているアイテムだと思います。

そして改めて思うのです。やっぱり、、、「ピンズはいいねぇ。」と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 2日 (木)

大会のピンズ

さて、ピンバッジコレクションNAGANOがいよいよ来週末に迫ってきましたね。

1998年の長野オリンピックを契機に長野でのピン文化は今まで続いてきました。

こういうイベントを10年続けるのも大変ですがもう20年近くですからね!

やはりオリンピック・パラリンピックの影響というのは非常に大きいですよね。

この世界最大のスポーツ大会では数多くのピンズと交流が生まれました。

長野の皆さんからは色々な逸話をお聞きしますが驚くことばかりです。

私はリアルタイムで体験していませんが2005年のSOでは少し体験出来ました。

そんな五輪程ではないですが実に様々な大会においてピンズは活躍しています。

第72回国民体育大会冬季大会 (ながの銀嶺国体) アルクマ スケート3種競技
Pins_nagano_ginrei_kokutai国体ピン…というと何かお堅い感じがしますよね。ただ最近の国体はキャラクターを使うなど楽しいピンズも多いのです。こちらは長野県のキャラクター「アルクマ」がスケート競技をしています。

3種競技で何気にパズルピンになっているのはピンどころ長野の面目躍如ですね。

2017冬季アジア札幌大会 セイコー
Pins_seiko_2017_asian_winter_gamesこちらは例のホテル関係で何かと世間の話題となっている冬季アジア札幌大会のピンズです。大会のオフィシャルタイマーを務めるセイコーのピンズですが、大会キャラクター「エゾモン」が可愛いですね。

スポンサーの中には東京2020のスポンサー企業も幾つか見受けられますので負けずにピンズをリリースして頂きたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月25日 (水)

会員章のピンズ

世にあるピンズには様々な用途があります。ノベルティ、記念品、お土産etc.

その中で組織に属することを表示する所属章というものがあります。

最も見かけるのは社章ではないでしょうか。どちらかというと徽章の類です。

それはそれで好きな方もいますが、私はそちらには軸足を置いていません。

そんな私でも面白いと思えた所属章のピンズがありましたのでご紹介します。

mont-bell 会員章 ブルー / シルバー / ゴールド / プラチナ / ダイヤモンド
Montbell_membership_pinsモンベルは日本のアウトドア総合メーカーです。メンバーシップの会としてモンベルクラブがあり、ブル~ダイヤモンドまで加入年度・購入金額によって5段階のステータスに分かれています。モンベルは1975年に創業し、2015年には40周年を迎えました。

それを記念してステータスに対応した色のピンズを会員章として配布したのです。
(*注:左上の"PRO mont-bell"はプロカード会員の会員章です。)

会員章というか実質的にはノベルティでしょうが色が違うところがにくいですね。

もう1つ上の色が欲しい!と思われる会員さんも多いのではないでしょうか。

私も2015年にブルーから集め始めましたが、ダイヤモンドは先日入手しました。

1つの台紙に各色を並べてセットしていく工程はこれまた楽しいものです。

今後も様々なアイデアで楽しいピンズを是非ともお願いしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月24日 (火)

優秀なピンズ

就任以来トランプ大統領、アメリカ政府の動きに関するニュースが多いですね。

中国、そして日本との貿易収支が大幅な赤字であることを問題にしていますね。

特に今や世界No1の自動車メーカーのトヨタは就任前から槍玉に上がっています。

輸入障壁のことはともかく、第一に日本車は性能、CP、デザインが優秀です。

その上販売網、アフターケアというサービス面でも世界最高水準にあります。

つまり日本車が売れる理由は総じて「優秀」であるからに他なりません。

トヨタ プリウス 群馬トヨタ / ネッツトヨタ高崎
Pins_prius_gunma_toyota_netz_toyota群馬トヨタ自動車は群馬県高崎市に本社を置くトヨタの販社です。一方、ネッツ店(Netz)は主に若者・女性客をターゲットにした販社で高崎にもあります。ピンズは左が群馬トヨタ、右がネッツトヨタ群馬の販促品です。

ボディカラーとナンバープレートが違い、裏には各社の刻印もあります。

小さいピンズですが、細部の色入れやナンバープレートのプリントも綺麗ですね。

自動車ピンではホンダが先行していましたが最近のトヨタは遜色ありません。

これも優秀なピンズでエコカーの代名詞的車種「プリウス」に相応しい出来です。

ワールドワイドオリンピックパートナーとしても優秀なピンズをお願いしますね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ピンズに酔う